香取慎吾の引退否定も響かず?『おじゃMAP』が打ち切り候補のワケ

香取慎吾の引退否定も響かず?『おじゃMAP』が打ち切り候補のワケ

香取慎吾の引退否定にファン歓喜(写真はイメージです)

 7月19日放送の『おじゃMAP!!』(フジテレビ系)で、香取慎吾(40)が芸能界引退を否定し注目を集めている。香取慎吾は9月をもってジャニーズ事務所を退所することから、その後芸能界を引退し、画家の転身や留学するのではといったことが報じられていた。

 これを受けて番組内では、共演者であるアンタッチャブルの山崎弘也(41)が、「結局留学するんですよね?」「これからは画伯と呼べばいいんですか?」と香取に質問。すると香取は留学について「20代とかでは、留学に行きたいとかあるじゃん」とコメント、そして自身が40歳であることを踏まえ「今から留学して勉強しない。マジでしない!」と“留学説”を否定した。さらに香取は、真剣な表情で「俺、引退しないから」とも発言し、マスコミで報じられている引退説をも一蹴した。

 この発言にネット上ではファンから、「よく言った!!」「その言葉を聞いて安心しました」「慎吾君ありがとう!」と安堵する声が寄せられた。香取はこれまでも自身の出演番組で、マスコミで報じられている内容について自らコメントしている。4月に放送された『SmaSTATION』(テレビ朝日系)でも、一部週刊誌で報じられた“隠し子疑惑”をバッサリ否定し話題を呼んだ。

「SMAP騒動の頃から、自身に関する話題が多々報じられている香取ですが、番組で言及するスタイルが定着してきています。そのため、今後の放送でも退所後の自身の動向について触れる発言が飛び出すかもしれませんね。『おじゃMAP!!』であれば山崎、『SmaSTATION』ならばゲスト出演者の、香取に対する絶妙な会話のパス回しが期待されそうです」(芸能記者)

 まだまだ香取の内に秘められている、重大発言はたくさんあるのかもしれない。しかし、そうした前向き発言の一方で、香取が出演する『おじゃMAP!!』は打ち切り終了が既定路線のままだという。

■香取の前向き発言でも打ち切り説が消えぬ『おじゃMAP!!』

 こうした重大発言が飛び出す一方で、『おじゃMAP!!』の終了に関する噂は未だに囁かれている。フジテレビは7日にも、同番組は「10月改編は調整中」と編成局長が発表していることから、終了の危機からは逃れられない状態だ。

「なにかと話題を集める『おじゃMAP!!』ですが、視聴率がとび抜けて良いというわけではありません。またSMAP騒動や香取の動向がわからない今だから、注目が集まっているだけだという声もあるようです。今後の視聴率の伸びに関しては大きく期待できないことから、フジテレビとしては終わらせたいというのが本音のようです」(前出・芸能記者)

 秋の番組改編期も日に日に近づいてくるなか、判断が難航している原因には、フジテレビが現場サイドとジャニーズ事務所とそれぞれ揉めているという噂もあるようだ。

「『おじゃMAP!!』は『SMAP×SMAP』(フジテレビ系)のスタッフが多く携わっているため、現場スタッフと香取との関係はかなり強い絆があるようです。番組に対する思い入れも強いことから、現場スタッフたちからも番組を終わらせないでほしいと願う声が大きいみたいですね。ジャニーズは現在、他のタレントによるスキャンダル対応などに振り回され、香取に対して放置気味になっているようで、対応が後回しにされているとか。そのため、なかなか決定を下すことができないようです」(前同)

 2012年1月からスタートした『おじゃMAP!!』は、素の香取を活かすことができる唯一の番組だからこそ、存続を願う根強いファンやスタッフが多いのかもしれない。

文・安藤美琴(あんどう・みこと)※1974年東京都出身。大学在学中にフリーライターとして活動を始め、『東京ガールズジャーナル』(セブン&アイ出版)、『パチンコ攻略の帝王』などに寄稿。現在は女性向け読み物系の記者・編集者として活躍中。

関連記事(外部サイト)