篠原信一、2020年オリンピックで『柔道の解説』より『ナースのコスプレ』を選ぶ?

 オリンピック柔道の銀メダリスト篠原信一は10日、東京タワー正面玄関前スペースで開催された「明治×東京都きのこの山の日&東京の山の日」プレスイベントへ参加した。

 登山家のコスプレ衣装を着て現れたマッシュルームカットの篠原は、「ヤッホー」と叫ぶ声の大きさによって、もらえる「きのこの山」の数が変わるゲームに挑戦。一緒に参加したちびっ子と協力して大量のお菓子をゲットした。

 コスプレ姿が微妙な出で立ちの篠原に対して、報道陣からは「オリンピック柔道の解説とコスプレの仕事だったらどっちに興味ある?」と質問が飛ぶ。篠原は「コスプレの方がワクワクする」と即答し、「次はナースのコスプレに挑戦したい」と2020年までの目標を語った。

 株式会社明治は、2016年に記念日として制定した「きのこの山の日」の1周年を記念して、東京都監修の「明治×東京都 きのこの山の日&東京の山の日」イベントを8月11日「山の日」に東京タワーと東京都庁にて実施する。

関連記事(外部サイト)