“規模縮小”にはファンさえ納得? 浜崎の赤字確定ツアーに対する関係者の本音とは

浜崎あゆみ“規模縮小”し全国ホールツアー ツアー終了後に長期休養の提案も?

記事まとめ

  • デビュー20年目の浜崎あゆみは、規模を縮小させホールクラスでのツアーを開催している
  • 今回のツアー終了後には、長期休養の提案もするのではとまで囁かれているという
  • 昨年の『ミュージックステーション』で高音が全く届かない歌声で心配の声もあったよう

“規模縮小”にはファンさえ納得? 浜崎の赤字確定ツアーに対する関係者の本音とは

“規模縮小”にはファンさえ納得? 浜崎の赤字確定ツアーに対する関係者の本音とは

Photo by jagged-eye(写真はイメージです)

 現在、デビュー20年目で初となる全国ホールツアー中の浜崎あゆみ(38)。9月16日に徳島県の鳴門市文化会館で開催される予定だった公演を、台風18号の上陸の影響で急遽中止した。

 6日のパシフィコ横浜公演からスタートした今回のツアーは、「より観客に近い場所で」という浜崎の提案から、過去行ってきたドーム・アリーナツアーよりも規模を縮小させ、ホールクラスでのツアーとなっている。同会場の初日公演では、観客をステージに上げるなどのパフォーマンスが展開され、一部の熱狂的なファンは大興奮だったようだ。しかし、この規模縮小の事情は、誰の目にも明らかなようだ。

「5月に行われた横浜アリーナでの公演では、空席が目立っていました。さらに一部では、2日間合わせて約2800人もの関係者を無料招待していたとの噂もあります。また、クライアントなどの一般企業関係者らにまで『1グループ10人まで入場可能』と書かれた招待メールがばら撒かれていたとも言われています。アリーナの会場を埋めるために、様々な策を講じていたようです」(芸能関係者)

 9400円と高額な正規チケットを購入しているファンからしてみれば、なんともがっくりしそうな話だが、これではファン離れの加速にさらに拍車が掛かりそうだ。さらに、規模縮小となった今回のツアーには、浜崎との話し合いがあったとも言われている。

「ただでさえ、演出やセットに高額なお金が掛かる浜崎のライブが、あれだけ空席が目立っていたとなれば、前回のアリーナツアーは大幅な赤字だった可能性は高い。実は9月からのツアーも、浜崎自身はアリーナクラスで行いたかったそうなのですが、どう考えても各会場の客席が埋まらない現状を考慮し、周囲の関係者が浜崎を説得して、ようやく今回のホールツアーに落ち着いたようです」(音楽関係者)

 アーティストの希望通りにやらせたい気持ちもあったかもしれないが、やればやるほど赤字がかさむライブツアーなだけに、規模縮小という折衷案になったようだ。

■関係者からは休養望む声まで

 昨年のツアーでは、浜崎が急性気管支炎と急性咽喉頭炎を発症したため、名古屋公演が中止となっていた苦い過去もある。「売れてないから仮病を使ったか」などと揶揄する声もネット上であがっていたが、それにしても浜崎の体がすでにボロボロであることは事実のようだ。

「今回のツアーも、本人は倍以上の公演数を望んでいたそうなのですが、体調を理由に関係者が説得し、今回の公演数に留めたんだそうです。今回のツアー終了後には、長期休養の提案もするのではとまで囁かれています。浜崎は、今でもカラオケなどでの人気は高く、積極的に活動しなくてもかなりの印税収入はある。一部関係者は、『赤字になるライブをするくらいなら、休んでもらってた方が儲かる』とまで話しているとか」(音楽関係者)

 昨年『ミュージックステーション』(テレビ朝日系)で生歌を披露した際にも、高音が全く届かない歌声で、心配の声も上がっていた。また、2000年に発表した突発性難聴も、いまだ完治はしていないのだという。

 ファンとしてはツアーをやってくれることは嬉しいことだろうが、一番は本人の体調がまず心配に違いない。かつての歌声を取り戻すためにも、まずは療養に専念するほうが良いのかもしれない。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)