今井翼がジャニーズへの不満爆発?慌ただしくなる“SMAPショック”

今井翼がジャニーズへの不満爆発?慌ただしくなる“SMAPショック”

Photo by talat.(写真はイメージです)

 タッキー&翼の今井翼(35)がジャニーズ事務所からの退所を匂わせていると一部メディアが報じ、話題を集めている。

 記事によると、今井はSMAPの解散について、藤島ジュリー景子副社長(51)と大ゲンカしたのだという。今井はSMAP解散の引き金となったのは、メリー喜多川副社長(90)が『週刊文春』(文藝春秋)のインタビューに応えたことだと主張しているようで、今後はジャニーズ事務所を退所した稲垣吾郎(43)、草なぎ剛(43)、香取慎吾(40)の新たな所属事務所である、「CULEN(カレン)」に向かうのではないかとも伝えている。

 タッキー&翼といえば、15周年を迎えた9月をもって、活動休止になることを発表したばかり。その際にコメントを残した「個人のスキルアップを目指した個人活動に専念」という活動休止理由も、実質的な解散も感じさせ一部では二人の不仲も囁かれていた。

「滝沢と今井の考え方は正反対で、長年ジャニー喜多川社長(85)の寵愛を受けてきた滝沢は、ジャニーズ事務所の将来の幹部候補生だと囁かれています。SMAP解散騒動の最中も『週刊文春』の取材について、“事務所に感謝するのは当たり前。それをわからなかったらアホでしょう”とコメントするなど、事務所側に立った意見を主張し、当時独立を企てメンバー達を暗に批判する発言をしていました」(芸能記者)

 こういった経緯があるとすれば、今井の退所は時間の問題となりそうだが……。

■ファンは意外にも退所推進?

 また今井は先輩であるSMAPを敬愛しているようで、解散についても不満を抱いていたとも言われていた。そのため、今回報じられたジュリー副社長とのケンカの原因も、この理不尽な解散に対しての訴えであるともされている。

「こうした双方の対立もあり、タッキー&翼の活動再開は絶望的でしょうね。事務所に対する不満が解決されない現状に今井は、強硬手段をとって本当に事務所移籍することも考えられます。一連のSMAP騒動で、結果的にジャニーズに残った中居正広(45)よりも、先に今井の方がジャニーズを退所する可能性の方が高い。タッキー&翼の活動休止以降、動かせないようなスケジュールも入っていないようなので、退所しようと思えばすぐにでもできるでしょう。それほどのフットワークの軽さを今井は持っているはずです」(前出・芸能記者)

 ネット上ではファンからも「脱退、大賛成!」「ジャニーズをやめた方が良さそう」など、今井の“退所説”に賛成意見が多いようだ。

 元SMAPの3人の退所・本格始動によって、にわかにジャニーズ周辺が慌ただしく動き始めている。ソロ活動がスタートした今井の動向が一体どうなるのか、今後の注目が集まりそうだ。

文・佐々木浩司(ささき・こうじ)※1980年群馬県生まれ。スポーツ誌の契約記者を経てフリーに。現在は主に、週刊誌やビジネス誌で活動中。得意分野は芸能、プロ野球、サッカーなど。主な著書に『洗脳のすべて』(宝島社)など。

関連記事(外部サイト)