ダレノガレ明美、悪質コラ画像に怒り表明も擁護の声が皆無なワケ

ダレノガレ明美、悪質コラ画像に怒り表明も擁護の声が皆無なワケ

ツイッター:ダレノガレ明美(@The_Darenogare)より

 モデルでタレントのダレノガレ明美(29)が、自身のコラージュ画像に苦言を呈したものの、ネットからは思わぬ反応が集まっている。

 問題となっているのは、8日頃からネット上で広まっているある画像。そこには、ダレノガレのインスタグラムの投稿でダレノガレがあたかも加工途中で顔が歪んでいる自身の写真をインスアグラムに投稿してしまったと受け取れる文章がつづられていた。
 ダレノガレはこの画像に対し、9日になって自身のツイッターで言及。「わたし、こんな写真のせてないし」「全然しらないのにこんなデマが流れてる」と指摘。「普通に何がしたいのかわからない」と困惑しつつ、「無理やりすぎない?」と戸惑いを見せていた。

 その後、ダレノガレは10日になって画像の中で自身とされている人物が、モデルの青木英李(30)だと言及。「人を巻き込んでデマを流す人の気が知れない。人を巻き込きこまないでください」とつづっていたが、ネットでは、「普段から加工してるのは事実だからなー」「デマはひどいけど、普段えげつない加工してるからこうやってイジられるんだろうね」「この投稿はちがうにしても、でもいつも加工はしてるでしょ?」という冷たい声が集まってしまっていた。

 デマ画像には同情の声も多く集まっていたが、普段から加工が多いこともあり、擁護の声は少なかったようだ。

関連記事(外部サイト)