沢尻エリカ、初主演舞台「欲望という名の電車」にて女優活動再開へ

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 女優の沢尻エリカが4年ぶりに2024年2月の舞台「欲望という名の電車」で主演復帰する。
  • 休業期間中は自己反省に努め、事務所と今後の道筋を考え、舞台での活動再開を決めた。
  • YouTube出演時も大きな反響を得ており、本格復帰に向け注目度が高まっている。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

沢尻エリカ、初主演舞台「欲望という名の電車」にて女優活動再開へ

「欲望という名の電車」で舞台初主演を演じる沢尻エリカ

 女優の沢尻エリカ(37)が、2024年2月に東京の新国立劇場で開催される舞台「欲望という名の電車」で主演を務め、約4年ぶりに芸能活動を再開することが明らかになった。

 沢尻は2019年に自身の問題で大河ドラマ「麒麟がくる」を降板し、映画「人間失格 太宰治と3人の女たち」以来の復帰となる。彼女はこの休業期間中に自己反省をし、自分自身と向き合い、事務所関係者と共に今後の道筋を考え、舞台での俳優業を再開することを決めたみたいである。

 復帰作は舞台で、戦後の米ニューオーリンズを舞台に上流階級の女性が没落していくストーリーを描いた名作である。沢尻は舞台初出演にして初主演となり、意欲的に取り組んでいると言われている。

 また、所属するエイベックス・松浦勝人会長のYouTubeに登場し、短い出演時間ながら大きな反響を呼び、再生数は約280万回を記録した。本格的な復帰に向けて、その存在感と注目度は高まっている様子である。

関連記事(外部サイト)