夏木マリ、ルーヴル美術館での公演時の衣装を披露「何をされても見入ってしまいます」

Robot Icon

AIざっくり要約

  • 女優の夏木マリがルーヴル美術館で開催された自身のパフォーマンスグループ『印象派』の新作をInstagramで PRした。
  • 夏木マリは長いグレーのジャケット姿のショットを投稿し、今回のテーマが不思議の国のアリスと白雪姫だと説明した。
  • フォロワーからは夏木マリの個性的な衣装と美しい顔立ちを評価するコメントが相次いだ。

実験的な機能のため、正確性を欠く可能性があります。記事本文と併せてご確認ください。

夏木マリ、ルーヴル美術館での公演時の衣装を披露「何をされても見入ってしまいます」

Instagram:夏木マリ(@mari_natsuki)より

 女優の夏木マリ(71)が24日自身のInstagramを更新した。

 コンセプチュアルアートシアター『印象派』は、1993年にスタートした、夏木マリ自身のクリエーションによる、彼女の芸術、空間と身体に対する戦いの場。その3年ぶりとなる新作が、いよいよ登場します。前回「シンデレラ」を題材にした彼女が今回選んだのは、「不思議の国のアリス」と「白雪姫」。演出を夏木マリが務める。(印象派NÉO vol.3公式サイトより)

 この日夏木マリは、『#marinatsukiterroir』『#ルーヴル美術館』『#不思議の国の白雪姫』『#2017』とハッシュタグをつけ、「印象派NÉO vol.3「不思議の国の白雪姫」ルーヴル美術館公演の時!MNTの衣装を着せてもらって」とつづり投稿し、手より長いグレーの個性的なジャケットを着用したショットを公開した。

 この投稿にフォロワーからは、「綺麗な顔してるね」「いつもかっこいいマリさん」「何をされても見入ってしまいます」「斬新!且つ魅了される。不思議!マリさん凄!」「腕の袖長くてもマリさんが着ていたらカッコ良く見えるのは何故?」などのコメントが寄せられていた。

関連記事(外部サイト)