【SMAP解散】12月21日にベストアルバム、28日にはPV集の発売が決定

記事まとめ

  • SMAPが解散目前の12月21日にベストアルバム、28日にはPV集の発売をすることが決定した
  • ベストアルバムはファンのリクエストで収録曲を決定するというふれこみらしい
  • メンバーが発売を嫌がり、ギリギリまでリリースが危ぶまれていたという話もある

SMAPベストアルバム発売が決定! メンバーは抵抗するも、利益をしゃぶり尽くすジャニーズ事務所の商魂

 今年いっぱいでの解散が決定したSMAPだが、新たな情報が飛び込んできた。解散を目前に控えた12月21日にSMAPのベストアルバム、さらに28日にはPV集の発売が決定したのだ。

「明日9月21日にも正式発表される予定ですが、ベストアルバムのタイトルは『SMAP 25years』というもので、ファンのリクエストで収録曲を決定するというふれこみです。その翌週にはPV集も発売するのですが、PVがない楽曲に関してはライブ映像などを収録するようです」(レコード会社関係者)

 今年1月の解散騒動勃発以降、SMAPは例年出演していた音楽特番にも一切出演せず、また予定されていた結成25周年コンサートツアー、新曲リリースもなし。紅白出場も未定という状況下にあるが、メンバーたちが稼働する必要もほとんどないベストアルバムやPV集なら実現するのは可能だろう。

 ファンにとっては大きな朗報には違いないが、しかし実はこのベストアルバムとPV集もギリギリまでリリースが危ぶまれる事態が続いていたという。

「メンバーが発売を嫌がり、なかなか了承がとれなかったのです。先週になってようやく了解にこぎつけた」(芸能事務所関係者)

 それも当然といえば当然だ。そもそもSMAPを解散に追い込んだのはジャニーズ事務所の実権を握るメリー喜多川副社長だ。SMAPを独自の手腕で育てあげジャニーズ事務所を大きくした功労者である飯島三智マネージャーを、メリー氏はパワハラ紛いの恫喝でSMAPごと追い出そうと画策。いざ独立が成立しそうになると、SMAP利権が惜しくなり土壇場でキムタクを裏切らせて、SMAPを修復不能な分裂状態に陥らせた戦犯だ。

 さらに、独立騒動以降は、中居正広、香取慎吾ら独立組4人のネガティブ情報をマスコミにリーク、それは解散が決定した現在でも続いている。

 そんなメリー副社長率いるジャニーズ事務所が"解散前"に一儲けを狙ってアルバムやらPV集を出すことに抵抗がないはずがない。

「しかし事務所とレコード会社ビクターエンタテインメントが何度もメンバーを説得、半ばゴリ押しに近い形でようやく実現したのです」(同前)

 その背景にもジャニーズ事務所のSMAPを最後までしゃぶりつくそうという商魂があった。

 それが独立騒動後に起こった『世界に一つだけの花』の購買運動だ。解散を阻止しようとファンたちが起こした購買運動だが、それは8月の解散決定以降も加速していった。8月18日の「オリコン・デイリーランク」で1位を獲得し、9月にはついに300万枚を突破するという異例の快進撃を続け、また9月19日放映の『30周年記念特別番組 MUSIC STATION ウルトラFES 2016』(テレビ朝日)で発表された「日本に影響を与えた曲ベスト100」でも1位にランキングされた。

 SMAPは通常のツアーでも動員100万人、総売上200億円と言われるグループだ。もし結成25周年ツアーとなればそれ以上の収益が見込まれていた。しかし、結局ツアーが行われることはなかった。

「事務所としては解散前にその代償としてベストアルバムとPV集の売り上げが是が非でも欲しかったのでしょう」(同前)

 国民的アイドルSMAPを解散に追い込んだ張本人であるジャニーズ事務所の浅ましい商魂。解散に追い込んでおきながら、彼らが生み出す利益だけは本人たちの意思に反し最後の最後までしゃぶり尽くすつもりのようだ。
(林グンマ)

関連記事(外部サイト)