稲垣吾郎が林真理子の担当編集者とお見合い!? 干され説もある稲垣が語ったSMAP解散後にやりたいこととは

稲垣吾郎が林真理子の担当編集者とお見合い!? 干され説もある稲垣が語ったSMAP解散後にやりたいこととは

稲垣吾郎が林真理子の担当編集者とお見合い!? 干され説もある稲垣が語ったSMAP解散後にやりたいこととはの画像

 今年12月31日の解散まで、早くも3カ月を切ったSMAP。来年1月スタートの日曜TBSドラマが決まっている木村拓哉、冠番組を多数もつ中居正広以外の3人のメンバーの解散後の活動はいまだ不透明だ。

 そんななかSMAPの"中間管理職"稲垣吾郎が、解散後の展望について口を開いた。「週刊朝日」(朝日新聞出版)10月21日号に掲載された林真理子の連載対談「マリコのゲストコレクション」でのことだ。

 林真理子といえば、1月にジャニーズ事務所をパワハラ追放されたSMAPの育ての親・飯島三智氏とも親しく、公開処刑直後には「週刊文春」(文藝春秋)の連載で"キムタクのドヤ顔"を批判し、稲垣をはじめとする独立組の4人については「メンバーのつらそうな顔を見ていたら、悲しみと憤りとで涙が出てきそうになった」と綴っていた。

 それもあってか、普段は林の下世話なツッコミが売りのこの対談も、今回ばかりは抑え気味で、終始稲垣を後押しする雰囲気で展開された。

 まず、稲垣出演の映画や舞台について絶賛する林に対して、稲垣は俳優仕事への思いを口にする。

「4番手でも5番手でも、何番手でもいいんですけど」
「皆さんの想像を超えて、「こんなことやっちゃっていいの?」というぐらいのことを任されるのは、俳優としてすごくありがたい」
「これからの年齢じゃないとできない役もあると思うし、最近は役の幅も広がってきました。僕、お芝居は見るのもやるのも好きで、落ち着くというか、自由でいられる場所なんです」
「舞台は楽しいだけで全くストレスがないんです。稽古もしっかりできるし」

 番手にも役柄にもこだわらない姿勢で、SMAP解散後の活動の軸を、俳優と考えているようだ。

 一方、歌については、

「歌のほうは、基本的に一人ではやらないんですが、ソロで歌ったこともあるんですよ。(略)ダメですね。びっくりしました。一人で歌う人ってすごいなと思いましたよ」

「&G」名義でソロCDを出したこともある稲垣だが、解散後はソロの歌仕事は想定していなさそうだ。稲垣にとって「歌う」ということは、イコール「SMAPの5人で歌う」ことと捉えているのかもしれない。

 そして、あらためて解散後の活動の方向性について林が問うと、

「いや、まだ具体的にはないです。これからという感じです」
「これまでも、何でもやらせていただいてきたので、そんなに変わらないと思います。実際にその状況になってみないとわからないですけど」

 と、SMAP解散後については、まだ白紙状態であることを匂わせた。稲垣については、年明けから撮影が始まる映画の仕事がキャンセルになったとの報道があったり、ラジオ番組『稲垣吾郎のSTOP THE SMAP』打ち切りが検討されるなど、地味に不穏な情報もあるだけに、今後が心配になる。

 しかし、稲垣自身はそうした不透明な状況も飄々と受け止めているというか、自然体というか、こう続けた。

「前向きに考えて、やりたいことを探してもいいし、プライベートでできなかったこととか......」

 そこに待ってましたとばかりに食いついたのが、林だった。
「結婚とか」
 
 林の勢いに引っ張られたのか、稲垣のほうもまるで結婚相談でも持ちかけるかのように、結婚への思いを吐露し始める。

「結婚したほうがいいですか。僕、わかんないんですよね。この年になると、いろいろ考えちゃって」
「俳優としては、これから父親役を演じていくのに、家族や子どもがいないとどうなのかなと思ったりするんですが」

 やはり、稲垣はSMAP後の主な活動を役者ととらえているようで、そのためにも結婚や子どもを持つことを視野に、悩んでいるというふうなのだ。

 そんな稲垣に林は「素敵な独身生活を謳歌している感じ」と慰め水を向けると、今度は現在の自身の孤独を強調するようにこんなことまで言い出した。

「(力を込めて)でもやっぱり、一人ですよ。出かけない限り一人。朝食も一人だし、夜だって毎晩外食というわけにもいかないし」

 さらに稲垣は好きな人でも毎日一緒にいるとダメなタイプだと自分を分析しているのだが、そんな自分さえも、かなぐり捨てるように結婚に対する"希望"、いや強い前向きなほどの"願望"をこう語ったのだ。

「でも、もしかしたら毎日一緒にいても大丈夫な人っているんじゃないか、そういう人がいたら結婚してもいいのかなと思うんです。どうなんでしょうか」

 ついには、

「東山さんが結婚されたのは44歳ぐらいだったと思いますから、僕もそうなるかもしれませんね。相手はどういう人がいいと思います?」

 と、具体的な年齢まで語り、相手の相談までし始めたのだ。稲垣がこれまで強い結婚願望を吐露したのはおそらく今回が初めてだろう。年明けからの解散騒動のインパクトで忘れそうになるが、つい昨年は半同居人の男性「ヒロくん」なる人物の存在が話題になり、結婚などあり得ないくらいの勢いだったのに。

 いや、稲垣だけではない。SMAP独立騒動以降、メンバーたちからこれまでだったらありえない"結婚"についての発言が飛び出し話題になってきた。例えば、これまで結婚について全否定とも思える発言を繰り返してきた中居正広だったが9月21日深夜放映の『Momm!!』(TBS)で、「いつかは結婚しようと?」質問されると「しようと思います」と断言し、「結婚もしなきゃいけないし、子供もつくらなきゃいけない」などと語ったことが話題になった。

 また、7月20日には『おじゃMAP!!』(フジテレビ)で香取慎吾が「来月結婚します」と本気とも冗談ともとれる発言をして物議を醸したことも。

 SMAP解散が近づくにつれメンバーから次々と飛び出す"結婚願望"発言。これまでジャニーズタレント、とくに国民的アイドルとして事務所の屋台骨を支えてきたSMAPにとって結婚は大きなハードルがあった。そんななか唯一、木村拓哉だけが特別扱いされてきた不満も当然あったはずだ。また自分たちの恋愛や結婚までもが事務所にコントロールされてきたことへの鬱憤も。

 そんな稲垣の思いを察知したのか、単なる下世話趣味か、お見合いおばさんと化した林は、稲垣に知り合いの編集者を紹介すると言い出した。

「稲垣 趣味が合うといいですよね。
 林 編集者で家族と海外でゴルフするのが趣味というコがいるんです。超可愛くて、28歳の社長令嬢。結婚したがってますよ」

 これに対する稲垣の反応もかなり前のめりだ。

「ほんとうですか。あれ? 決まっちゃいましたね(笑)。林さんとかに紹介してもらわない限り、僕、結婚はないと思うんですよ。(略)僕に人を紹介しても、ご迷惑はおかけしません。「林センセイ、あの人、何なんですか」って言われないようにします(笑)。「ワインはフランスのものしか飲みません」とか、絶対ないですから。
林 わかりました。それじゃ今度ぜひ......。
稲垣 計画を立てましょう。人が聞いていないところで(笑)」

 まあ個性がバラバラなSMAPにあって、長年中間管理職的な役回りを担ってきた稲垣のこと、自分たちを応援してくれる林へのリップサービスの要素も多分にあるだろう。しかし、独立・解散をめぐるメンバー間の確執や干されるかもしれない不安もどこ吹く風で、仕事に対してもプライベートに対してもむしろ解放感すら感じさせる、稲垣の発言の数々。意外と結婚話も本気かも?という気もしてくる。
(林グンマ)

関連記事(外部サイト)