小出恵介淫行で松本人志が「未成年も処罰」に続きトンデモ発言! ネットの少女への攻撃を支持、止まらないネトウヨ化

小出恵介淫行で松本人志が「未成年も処罰」に続きトンデモ発言! ネットの少女への攻撃を支持、止まらないネトウヨ化

フジテレビ『ワイドナショー』番組ページより

 先週の『ワイドナショー』(フジテレビ)で、小出恵介の未成年淫行問題について、「未成年の女にも罰則を」と暴言を吐いた松本人志。あまりのバカ発言に、批判する気さえ失せてしまっていたのだが、考えを改めた。

 松本は今週の同番組で、発言を反省するどころか、ネット上に相手女性への批判が出回っていることを歓迎し、「SNSとかがまんざら悪くない」「我々タレントにしたらいい時代になってきた」とコメントしたのである。

 しかも、いつものごとく、この発言を御用スポーツ紙サイトが金科玉条のようにもちあげ、ネトウヨやミソジニストたちが「さすが松ちゃん」と喝采の声を上げている。このまま放置しておくと、こんな下劣な発言が拡散していつのまにか"正論"として流通しかねない。ここはやはり、この男がいかにデタラメなことを言っているか、きちんとダメだしをしておく必要があるだろう。

 まず、先週の発言からいこう。そのまま忠実に文字に書き起こすと、松本は以下のようにしゃべっていた。

「もうそろそろ未成年の女のほうも取り締まれるような罰則を作るべきやと思う。罰をつくったほうが絶対にこういう事件は減ると思う。なんでやらないのか不思議」

 これを読むと、もはや松本が法律というものに目的があることさえ理解していないことがわかる。あのね、淫行条例は青少年保護条例(青少年健全育成条例など名称はいろいろ)のなかに含まれているもので、身体や精神が成長途上にある18歳未満の少年少女を保護するのが目的なのだよ。淫行条例も大人が少年少女に性的行為を誘いかけるなどして、そういう行為の機会をつくりだすことを防止するために制定されたのだ。

 それを、少女の側を処罰しろって、それじゃ青少年保護条例じゃなくなってしまうじゃないか。というか、そもそも、松本は「こういう事件」での少女の行為の何が罪に当たるというのだろう。彼女は売春したわけでもないし、自分から無理やり小出を誘ったわけでもない。33歳の小出に誘われてセックスをしただけである。それを処罰しろって、おっさんとセックスしたら犯罪ということなのか? それとも、相手が誰だろうが、18歳未満の女性はセックスすることじたいが処罰対象だというのか。あるいは、後になって写真週刊誌に芸能人との関係を告発したから逮捕しろ、といいたいのか。

 ようするに、松本は法律によって何を守っているのか、何を目的に処罰するかもわからないまま、たんに「男ばっかりずるい!女の方もしょっぴけ!」と叫んでいるだけなのである。

●「未成年にも処罰」発言には厳しい批判の声が上がっていたのに...

 しかも、この主張は完全に現状認識を間違えている。いまの性的行為を取り締まる法律は、圧倒的に女性の側ばかりが取り締まられるようにできているのだ。たとえば、売春防止法は、売った女性や店舗を取締まるだけで、買った男性の側を一切処罰しない。JKビジネスも少女の側は補導の対象になるが、客の男はなんのおとがめもない。

 こうした状況に、最近はむしろ「買う側の男性を取り締まらないから、売春や女性JKビジネスがなくならない」という議論さえ起こっている。それを「女のほうも処罰したほうがこういう事件は減る」などとエラソーに語っているのだから、その無知ぶりにはあきれるほかない。

 御用メディアは一切報道しないが、こうした小出問題をめぐる一連の発言には、ふだん松本に甘いネットからもさすがに厳しい批判の声が上がっていた。

〈本当にバカだなあんた この類の法令は 悪意の未成年を罰せられない不利益 よりも 意に反して強制される未成年を保護する利益の方を優先するんだよ、立法主旨くらい理解しろ!バカ芸人〉
〈大人の男が子どもを言いくるめてセックスに持ち込むなんて、赤子の手を捻るくらい簡単なこと。それなのに、「未成年への罰則も作るべき」とは呆れた意見。どこまで男の性欲に甘いんだ。〉
〈小出の未成年淫行事件の文脈で、松本人志が「未成年の女にも罰則を」なてコメントしてて目眩がする。 この事件の相手は未成年どころか18歳未満だよ...子供を守る、諭すといった発想は無いのか〉
〈頭おかしいわ。どこまで堕ちてくのこの人。未成年を罰する前に大人がやるべきことは山ほどある。〉
〈松本人志の「未成年女性にも罰則を」って、意味が分からないね。大人が加害者、未成年が被害者という前提があるから、淫行なんでね。未成年も加害者なら、淫行自体が成り立たないわけだから、そもそも罰則を設ける必要もないんですよ。〉
〈未成年者側にも処罰を導入すると、少しでも落ち度があると思うと訴えなくなる。減るのではなく、不可視化されるだけ〉
〈未成年のガキに抑制してもらわないと、自分の行動も止められない成人は情けなさ過ぎるだろ〉
〈大人の側の法整備をしてる最中に。JK産業なんかは子どもが取り締まり受けて、買ってるクソな大人は何もお咎めない現状なのに〉

 しかし、松本はこうした声を一切無視。今週の『ワイドナショー』でも先週の発言を撤回するどころか、冒頭で紹介したように、さらにひどい発言を垂れ流したのだ。

●ネットの少女への誹謗中傷を「本当のこと」と支持するグロテスク

 先週の発言について司会の東野幸治からふられた松本は「なんかあのー、今後ね、長い目で見てそろそろねっていう意見は言いましたけどねー」とごまかしたあと、こんなことを言い始めた。

「僕でも、あのー、ちょっとSNSとかがまんざら悪くないなーと思ったのは、やっぱり今こうワイドショーとかこういう番組とか、雑誌よりもあっちのほうが進んでて、どんどんあの本当の話が出てくるじゃないですか。彼女のほうの身辺の......まあ、嘘の情報もあるのかもしれないですけど、昔やったらたぶんあのー、昔やったらたぶんあのー、小出くんがもう100%悪者になって、加害者になってたんですけど、なんか最近はそうでもなくなってきて、わりとこう事実が見えてくるから、彼がそこまで100%悪いっていう方向になってないのは、なんかちょっとわれわれタレントとかにしたら、なんかいい時代になってきたかなーっていう」

 仮に素行があまりよくなかったとしても、相手の女性は一般人で、しかも17歳である。そんな未成年の少女のプライバシーを暴き、あることないこと書き立てているネットに対して、不快感を表明するのが普通の大人だと思うが、松本はまったく逆で、少女を誹謗中傷するネットを評価したのだ。

 しかも、松本はSNSのおかげで「どんどん本当の話が出てきた」とか「事実が見えてきた」などと言っているが、ネットで流されている少女への誹謗中傷はその多くがデマだ。ネットの指摘で当たっていたのは、彼女がシングルマザーで、小出との関係を周囲に自慢していたことくらい。「第三者の黒幕説」や「美人局」「ハニートラップ」も、本人だけでなく、友人や元恋人も否定しており、状況からしてもありえない。

 ネットが炎上するきっかけになった「相手の女性が当初、小出に500万円を要求していたが、交渉の結果200万円を支払うことになった」という話にしても、アミューズが小出のダメージを軽減しようとリークした情報で、実際はまったく違っていた。「週刊文春」(文藝春秋)によれば、少女が小出に「フライデーに話した」と連絡したところ、小出の方から「謝罪したい」と電話がかかってきた。ところがあってみたら「金で解決すればいいんだろ」と言われ、50万円を提示されたので、頭にきて「そんなもんで済むと思うな」と怒ったら、200万円に跳ね上がったというのが経緯だ。少女は「500万円なんて一度も言っていない」と全面否定している。

 森友問題や加計問題の告発は疑ってかかるくせに、こうした告発者を叩くネット情報を問答無用で「事実だ」「本当だ」と信じるとは、まさにネトウヨレベルのリテラシーだが、松本はさらにこのあと、こんなことまで言い始めた。

「それが作用して僕は示談になっていったんやと思うんですよね。このままじゃちょっとマズいぞっていう部分が僕はあったと思いますけどね」

 これ、まったく逆だろう。示談というのは加害者側が「このままじゃマズい」と被害者側にもちかけるもの。今回のケースでも淫行は非親告罪なので示談してもしなくても刑事事件の対象となることには変わりないが、小出側が示談をしたというのは、その行動に何か刑事事件や民事上の不法行為につながりかねない問題があったということなのだ。

 それを、少女の側に問題があったようにすりかえてしまうのだから、松本は何か、こういう女性に対して特別な憎悪感情でももっているのかとさえ思えてくる。

●松本の発言の背後にあるミソジニーと芸能人の特権意識

 いや、冗談ではなくそういうことなのだろう。実は、この日の『ワイドナショー』には松本のそうした異常な感情を象徴するようなシーンがあった。東野幸治が「少女は小出さんと出会ったころは女子高生で、現在は無職のシングルマザーということっていうのもまたなんか......」と少女の私生活を責めるようなセリフを口にし、駒井千佳子リポーターが「週刊文春」の本人のインタビューや周辺取材から「お子さんを施設に預けることになってしまって、荒れていた時期だった」と説明したときのこと。松本は、はっきりわかるように駒井の説明を鼻でせせら笑って、こう切って捨てたのだ。

「荒れてたから施設に預けたんじゃないんですかね? 順番が違うような気もしますけど」

 少女が施設に子どもを預けたのは経済的な理由だといわれているが、松本はそんなことはおかまいなし。まるで、ネグレクトか虐待で子どもを施設に預けたかのように、少女を攻撃したのだ。

 個別の事情を一切鑑みず、自分の要求する女性像から外れた女性のことはすべて、女性失格、母親失格とみなし、処罰感情さえもってしまう。まさに、女性蔑視、ミソジニーの典型のような思考だが、小出とのトラブルで、少女の言い分を徹底的に排撃しているのもこうした思考の延長だろう。松本はシングルマザーで夜遊びしているような17歳が男に性の道具にされるのは当然、と思っているのだ。

 しかも、松本がタチが悪いのはそこに、芸能人の特権意識が加わっていることだ。その言動には「一般人の女が芸能人サマに遊んでもらって何の文句があるのか」という意識が見え隠れしている。だから、芸能人が告発されると、「なんで芸能人ばかり悪者にされるのか」と被害者意識むき出しにし、ネットの告発者叩きを「これで平等になる」と平気で歓迎してしまうのだ。

 そういう意味では、松本の小出淫行問題に関する一連の発言は、御用スポーツ紙が「持論を展開」などともちあげているような高級なシロモノではない。松本は、SNSが告発者を攻撃するようになったことを「われわれタレントとかにしたら、なんかいい時代になってきた」と語っていたが、ようするに、自分たち男が女を性の道具にするという特権、タレントが人気にあかせて女性をもてあそぶという既得権益を守りたいだけなのだ。

 実は松本のこうしたスタンスは小出問題にかぎらない。『ワイドナショー』での松本の発言は、政治でも、経済政策でも、社会問題でも、芸能報道でも、結局、自分が所属している側の利害を代弁しているにすぎない。芸能人の特権、金持ちの既得権益、権力者の利益を守れ、といっているだけなのである(そもそも『ワイドナショー』じたいも芸能人の目線で芸能ニュースを切るというコンセプトでスタートしおり、そういう松本のスタンスを前面に出している)。

●将来は百田尚樹化? エスカレートする松本のネトウヨ化

 しかし、残念ながら、そういう露骨な強者の論理こそが受ける時代だ。ネトウヨやホリエモン信者にも同じ傾向があるが、金も権力も地位も持っていない弱者たちが、金や権力や地位を露骨に前面に出して弱者を叩く強者を支持し、喝采の声をあげている。そして、強者はこうした信者の声に調子に乗って、さらにその強者の論理を露骨にしていく。

 松本人志もいま、まさにそういう状態にある。松本の言動はもともと保守的だったし、ピントもずれていたが、ここまでひどくはなかった。しかし、2年ほど前、安保法制や安倍首相への支持姿勢がネトウヨたちに支持されたあたりから、急速に右傾化し、露骨に金持ちや権力者の代弁をするようになった。

 今回も、ネットで「今の社会は女尊男卑だ」と被害妄想を叫んでいるミソジニーやネトウヨから「さすが松ちゃん」ともちあげられ、調子に乗って、少女への攻撃をしたのだろう。

 おそらく、松本はこれからもどんどんこうした傾向をエスカレートしていくはずだ。お笑いのセンスが鈍り、『ワイドナショー』をみても気の利いた面白いコメントひとつ言えなくなった松本にとって、このネトウヨ、強者の論理路線こそが自分の影響力を誇示し、信者を獲得できる唯一の方法になっているからだ。このままいくと、それこそ、何年か経ったら、喋っている内容は、百田尚樹やケント・ギルバートと変わらなくなっていた、という状況になるかもしれない。

 しかし、松本はまともなメディアには相手にされていない百田とちがって、吉本興業という後ろ盾があり、テレビでは誰も逆らえない王様として君臨している。その害悪は百田とは比べ物にならない。この大御所芸人の勘違い暴走を止める方法はあるのだろうか。
(酒井まど)

関連記事(外部サイト)