須藤凜々花の結婚宣言は秋元康、見城徹の仕掛け? 高橋みなみも「運営は知っていた」と関与を示唆

須藤凜々花の結婚宣言は秋元康、見城徹の仕掛け? 高橋みなみも「運営は知っていた」と関与を示唆

『人生を危険にさらせ!』(幻冬舎)

 今月17日に沖縄で行われたAKB48選抜総選挙。その壇上で行われた須藤凜々花(NMB48)の「結婚します」宣言は、週が明けたいまでも波紋を呼び続けている。

 今回の選挙で彼女は昨年の44位から20位まで一気にランクアップしたわけだが、その席上での突然の結婚宣言に、ファンからは「あり得ない。これから頑張ってもらうために票を積んだファンが報われない」との恋愛禁止ルール違反を責める声や、「年に一度のお祭りをブチ壊しにし、渡辺麻友の卒業発表や指原莉乃の三連覇にも泥を塗る行為」と、グループ最大のイベントに冷や水をかけたことを非難する意見などが飛び交い大炎上。

 また、怒りの声はファンのみならずOGにも飛び火。選挙終了直後に大島優子は、移動中の車のなかからインスタライブを配信。「この帽子(に書いてあること)がきっと私のすべての言葉だと思うの」と言いながら「FUCK」と書かれた帽子を見せつけた(彼女は後にツイッターを通してこの行為を謝罪している)。

 処遇も含めた今後の詳細などについては、近日中に開かれる会見で明らかにされるとのことだが、19日付のデイリースポーツによれば〈事実上の「解雇」となることが濃厚〉であるという。

 しかし、ファンの声も含めた須藤へのクレームはあまりに時代錯誤だし、もし「解雇」が事実なら、運営会社は徹底批判されるべきだ。

 以前から当サイトで指摘しているが、恋愛禁止ルールを振りかざしてアイドルの自由を拘束するのは、明らかに人権侵害だ。弁護士の伊藤和子氏は「AERA」(朝日新聞出版)16年2月15日号で恋愛禁止ルールについて法的観点からこのように語っている。

「芸能事務所とアイドルの契約において、交際禁止規定という制約を課すのはおかしい。恋愛は、憲法13条で尊重される『幸福追求権』です。いかに契約であろうと、憲法で認められた個人の自由を制限する形の交際禁止規定は無効です」

 実際、昨年1月、女性アイドルがファンとの交際禁止ルールを破り性的関係を結んだことで被害を被ったとして、所属事務所が約990万円の損害賠償を求めていた訴訟に対し、東京地裁は「異性との交際は幸福を追求する自由の一つで、アイドルの特殊性を考慮しても禁止は行き過ぎだ」という判決を下し、事務所の請求は棄却されている。

●高橋みなみが須藤凜々花結婚宣言への運営の関与を示唆

 ただ、今回の件に関しては、単に、「恋愛禁止のアイドルが事務所の縛りを打ち破って勇気ある結婚宣言をした」というような単純な話でもなさそうだ。それどころか、この結婚宣言は「運営が仕掛けていたのではないか」という疑惑が浮上している。

 それは、前AKB48グループ総監督の高橋みなみが示唆していた。彼女はSNSアプリ・755にこのような文章を投稿。運営のやり方を批判した。

〈私がモヤモヤしてるのは運営。この事を知っていたとするなら、物凄いニュースになり話題になり、根本的な事を色々言われるのは目に見えていて、彼女自身も色々言われるでしょう。
 そして周りのメンバーにもどうなってるんですか?と疑問の声が飛ぶでしょう。
 何かあった時に大変なのは現役のメンバー自身。私も昔それを経験してきました。だからこそ慎重に対応しなければいけなかったんじゃないかなと。
 怒るファンの方、肯定してあげるファンの方、関係ないのに色々言ってくる人その重みをメンバーに背負わせるんじゃないよと。
 スタッフ全員が知ってるわけじゃないと思う。でも一部は知ってたはずなんだよ。〉(改行と句読点のみ修正)

 周知のように、彼女が結婚宣言をしたのは、結婚すると宣言した相手との交際を「週刊文春」にキャッチされたためだった。これは、「週刊文春」の記者が出演するニコニコ生放送の番組『文春砲Live』で最初に報じられたのだが、その放送前に、スキャンダルを無化し、逆に須藤のイメージを守るために、運営側がしかけたのではないか、というのだ。

「もちろん、須藤の熱愛が報道されることは、事前に事務所も把握してました。自ら処女宣言していた須藤が熱愛というのは、かなりのイメージダウン。そこで、『どうせなら結婚宣言してしまえ』ということになったんじゃないでしょうか。乃木坂46や欅坂46に人気が移り、年々注目度が減りつつある選抜総選挙の話題を盛り上げることができる、と。実際、『文春砲Live』の放送開始が20時で、舞台上で結婚宣言を始めたのは、その約1時間前の18時45分ごろと、タイミングも絶妙でした」(週刊誌記者)

●須藤凜々花の背後にある見城徹、秋元康の影

 しかも、この結婚宣言は運営どころか、最高幹部の入れ知恵ではないか、との見方もある。

「須藤本人だけというのはもちろん、現場のスタッフの判断だけで、こんな仕掛けができるとは思えない。秋元康のOKが絶対あったはずです。もしかしたら、須藤に入れ込んでいる秋元のお友だち、幻冬舎の見城徹社長の入れ知恵があったんじゃないかともいわれています」(出版関係者)

 実際、須藤凜々花は秋元、見城の両者から、他のメンバーにはない推され方をしてきた。見城社長がその知性に惚れ込み、さまざまな場所で須藤を絶賛していたのは有名な話で、昨年には『人生を危険にさらせ』という哲学をテーマにした彼女の著作まで幻冬舎から出版させた。

 秋元もお友だち、見城社長のプッシュに応えようと、彼女を重用してきた。彼女が麻雀に興味をもち始めるやいなや、『NMB48須藤凜々花の麻雀ガチバトル! りりぽんのトップ目とったんで!』という冠番組をスタートさせ、15年7月リリースのシングル「ドリアン少年」では単独センターも務めさせた。あまりに露骨な推され方に枕営業疑惑まで飛び出したほどだった。ちなみに、前述の処女宣言はその反論として飛び出したのだが、枕営業はともかく、須藤と見城はさまざまなことを相談する関係だったという。

「処女宣言からいきなり結婚宣言という派手な転換は、いかにも見城さんらしいやり方だと思いますね。彼女の著作も、見城さんと秋元さんが喧々諤々の議論をしながらつくったらしいですし、今回も見城さんと秋元さんが相談して『それは面白い』と盛り上がって実現したという可能性は十分ある」(前出・出版関係者)

 ちなみに、見城社長は6月18日付日刊スポーツでこの騒動についてコメントしていたが、「知らなかった、びっくりした」と言いつつ、ご満悦の様子を隠していなかった。

「びっくりしたよ。この間まで『一生結婚しない。一生処女です』と言っていたのに。文春に撮られたとはいえ、総選挙で表明してしまう。正反対のことだが、どちらもその時の本音なんだ。ファンが投票する総選挙で結婚と言うなんて、凜々花以外の子は絶対許されないでしょう」
「でも、須藤のここまでやり切る姿や、いつだって予測できないところに、おそらくファンも、そして私も魅せられた。彼女はこのままでは終わらないよ。ここからどうなるのか。まだまだいろんな幕があるでしょう」

 また、秋元康からこの騒動についての反応はいまだないが、秋元は以前、小嶋陽菜のフォトブック『こじはる』(講談社)に収録された、小嶋との対談のなかでこのように話していた。

「でもさ、一番かっこいいのは総選挙のステージで「私から発表があります......」と言って、みんなが卒業発表かな?と思ったら「結婚します!」っていきなり宣言することだよね」

●運営はなぜスキャンダルに反応したのか?

 たしかに、調べれば調べるほど、この二人が仕掛けた可能性がぷんぷんにおってくるのだ。

 しかし、いずれにしても、秋元や運営はここまで須藤の結婚宣言が炎上し、OGや現役メンバーからも批判が殺到するとは思っていなかったのではないか。運営は今頃になって、慌てて火消しに奔走しているという話もある。

「総選挙のすぐ後は御用メディアに対しても報道を止めるどころか煽っていた運営が、ここにきて『あまり騒がないでくれ』と言いだしていますね」(スポーツ紙記者)

 また、須藤のことを非難したメンバーが休養させられているという話も飛び込んできた。

 今後、須藤自身がどういう処遇になるのかは会見を待つしかないが(二人の後ろ盾があれば、解雇ということにはならないと思うが)、しかし、いくら話題になったとはいえ、今回の騒動で、須藤自身やメンバー、OGたちが予想以上に炎上し、傷つくことになったのは間違いない。

 そういう意味では、高橋みなみの「何かあった時に大変なのは現役のメンバー自身。私も昔それを経験してきました。だからこそ慎重に対応しなければいけなかった」という批判は正しかったと言えるだろう。

 秋元やAKSはいい加減、少女をおもちゃにする商法を見直すべきではないのか。
(編集部)

関連記事(外部サイト)