SMAP稲垣、草なぎ、香取の番組はやっぱり終了されてしまう! ジャニーさんの美談コメントやソフト路線は表向きだけ

稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が9月に退社独立 草なぎの『ブラタモリ』は継続

記事まとめ

  • 元SMAPの稲垣吾郎、草なぎ剛、香取慎吾の3人が9月にジャニーズ事務所を退社独立する
  • 3人には『おじゃMAP!!』『SmaSTATION!!』『『ぷっ』すま』などのレギュラー番組がある
  • 草なぎの継続起用が発表された『ブラタモリ』以外は、終了が既定路線なのだという

SMAP稲垣、草なぎ、香取の番組はやっぱり終了されてしまう! ジャニーさんの美談コメントやソフト路線は表向きだけ

SMAP稲垣、草なぎ、香取の番組はやっぱり終了されてしまう! ジャニーさんの美談コメントやソフト路線は表向きだけ

フジテレビ『SMAP×SMAP』番組ページより

 18日夜、本サイトがいち早く報じたとおり、SMAPの稲垣吾郎草なぎ剛、香取慎吾の3人が9月にジャニーズ事務所を退社独立することが19日早朝、正式発表された。

 しかし、ジャニーズ事務所の姿勢は昨年1月の分裂、8月の解散時とは打って変わって、かなりソフトだ。ジャニー喜多川社長も異例のコメントを発表して、「どこにいようとも、又どのような立場になろうとも、彼らを想う気持ちに変わりはありません」「これからも沢山の人々に感動と幸せを届けてくれることを確信しています」と、独立後の活動にもエール。美談仕立てで報じられている。

 また、3人のレギュラー番組について、ジャニーズ事務所が継続を認める方針だという情報も流れた。たとえば、6月20日付けのサンケイスポーツはこう報じている。

〈事務所は継続について本人たちの意思を尊重。彼らが希望すれば、10月期以降も続く可能性があり、3人の番組は視聴率が打ち切り候補にあがるほど低いわけではなく、局サイドも継続に前向きだという〉

 しかし、これはあくまで表向きのポーズにすぎない。現在3人が抱えるレギュラー番組は、香取の『おじゃMAP!!』(フジテレビ)、『SmaSTATION!!』(テレビ朝日)、草なぎの『『ぷっ』すま』(テレビ朝日)、『ブラタモリ』(NHK、ナレーション担当)、稲垣の『ゴロウ・デラックス』(TBS)だが、草なぎの継続起用が発表された『ブラタモリ』以外は、終了が既定路線なのだという。

「この間、ジャニーズは裏でテレビ局に3人を使うな、3人の番組を終わらせろと、相当なプレッシャーをかけており、ほとんどの番組が終了することで話がついている」(スポーツ紙ジャニーズ担当記者)

 また、中居正広が残留を決断したのも、独立したらレギュラー番組はすべて終了させると、ジャニーズ事務所が各テレビ局に申し入れ。テレビ局が仲介するかたちで決まったといわれている。

「『金スマ』のTBSのバラエティ班はもともとジャニーズと関係がよくないため、独立しても終了しないという方針を打ち出したようですが、他の局はすべて番組を終了せざるを得ないとの見解を中居サイドに伝えたらしい。それで、中居は苦渋の決断をしたようです」(テレビ局関係者)

●ジャニーズは表向きは存続を認めるソフト路線だが、実際は...

 ただし、この姿勢を露骨に前面に出すと、ファンの反発を買うことになる。実際、今回の独立発表の少し前、香取MCの『スマステ』が終わると報じられた際には、激しい抗議が起きた。

「これを報じたのは日刊スポーツですが、日刊といえば、ジャニーズ言いなりのスポーツ紙のなかでも、昨年1月の分裂騒動渦中からジャニーズ事務所の意向をいちばん忠実に反映させてきた広報紙といわれる新聞。この報道はジャニーズが書かせたものでしょう。ところが、番組HPの掲示板に番組存続を願うファンの声が殺到するなど、存続運動も起こったため、テレ朝もジャニーズも大慌てしていました」(前出・スポーツ紙ジャニーズ担当記者)

 そこで、ジャニーズがいま考えているのは、表向き「事務所は存続を認める」としつつ、タイミングを計ってフェードアウトさせる戦略だという。

「9月に一斉に3人のレギュラー番組が終了するというのは、あまりに露骨なので、1年くらいかけて徐々に終わらせるということを考えているようです。テレビ朝日でいうと、『スマステ』は9月で終わらせ、『『ぷっ』すま』は一旦継続。次の改編で終了させるというのを考えているらしい」(前出・テレビ局関係者)

 さらにもうひとつ、ジャニーズがやろうとしているのは、「事務所は継続を認めたが、本人たちの希望で終了」という情報操作だ。

 たとえば、事務所が継続を認めていることを報じた前掲のサンスポの記事も、注意深く読むと、〈彼らが希望すれば、10月期以降も続く可能性〉とわざわざ、本人たちの希望次第だというのを強調している。

 また、終了が確実視されている『スマステ』についてはこの間、「香取がやる気を失っている」という情報をしきりにリークし、週刊誌やスポーツ紙は香取の意志によるものと報じられてきた。だがそうした報道の渦中、香取は番組内でゲストの東山紀之に「3度目も来てください。休みません」と発言、"これからも番組を続けていきたい"というメッセージを暗に発したこともあった。

 また、草なぎ、稲垣は、映画・舞台を中心に俳優業、香取はアーティスト活動や海外留学、さらには飯島三智氏の会社にラオックスが出資していることから、3人で中国進出などとも報じられているが、これも3人がテレビ以外の活動を希望していることを強調するために報じているようだ。実際は、テレビからパージされ別の道を探らなければいけない状況に追い込まれているのである。

●ジャニーズを忖度し、"独立=しばらくテレビに出られない"と当然のように報じる芸能マスコミ

 まさに、卑劣としか言いようのないジャニーズ事務所のやり口だが、しかし、スポーツ紙やワイドショーなどの芸能メディアは当然ながら、こうしたジャニーズの姿勢を一切批判しない。それどころか、前述したように、3人をテレビから干し上げようとしているジャニーズの露払い役をつとめている。

 なかでも気になるのが、こうした芸能マスコミが、独立したらテレビに出られなくなるのは当然、という前提に立っていることだ。

 たとえば、独立の第一報の際も、スポーツ紙には「稲垣、草なぎ、香取がテレビから消える」「独立後2年間は番組に出演できない、というのが業界の暗黙のルール」などと、3人がテレビに出られなくなるのが当然のような記述がおどった。

 中居の残留理由にも同様のことがいえる。解散報道時、多くのメディアが"テレビのレギュラー番組の多い中居は、事務所を独立すると多くの番組を止めることになり、それにかかわるスタッフも含め多くの人間に迷惑をかけることになるから断念した"と報じたが、その構造を批判するトーンはいっさいなく、むしろそれが前提になっていた。

 また、『バイキング』(フジテレビ)では、坂上忍が「中居くんほどでも、やっぱり独立するとなると、いったん番組やめなきゃいけないんだ」と問いかけ、芸能レポーターが「契約は、個人でなく事務所と結んでいるから、事務所を止めたら、番組も終わらなければいけない」などとしたり顔で解説するやりとりが放送されたが、この「契約は事務所と結んでいるから」というのは、今回、ほかのワイドショーでも盛んに語られている。

 しかし、これは真っ赤な嘘だ。『ブラタモリ』での草なぎ剛のナレーションを9月以降も継続することを発表したNHKは、その際にこんなコメントを出している。

「基本的には、相手の所属が変わっても、普通、仕事というのはそのまま引き継がれると思います。こちらで番組自体を、全然違うものにするということを考えなければ、制作サイドとしてはお願いしていく。相手がどこになるか、窓口がどこになるかは今後のことだと思いますけど、制作していく上では別に影響はないと考えています」

 要するに、「契約は、個人でなく事務所と結んでいるから、事務所を止めたら、番組も終わらなければいけない」などというのは、単なる芸能界の悪習を正当化するための詭弁にすぎないのだ。

 しかし、大手芸能事務所と癒着しているテレビ局で、芸能記者も、芸能人コメンテーターたちも、ジャニーズ事務所の顔色をうかがうのと同時に、芸能界の既得権益を守るために、この慣習に異を唱える者はほとんどいない。中居の相談相手が、みな一様に独立に反対したというのも、そのためだろう。

 マスコミのこうした空気をみれば、独立した3人がこのまま仕事を干されるのは目に見えている。そして、SMAPほどの大物でも、なかでも中居ほどの売れっ子でも抗えなかったことで、この芸能界の悪習はさらに強化されていくかもしれない。

 ただ希望があるのは、ファンたちの存在だ。『スマステ』終了報道でファンが抗議の声を一斉にあげたことは先に紹介したが、今回の独立報道でも、ジャニーズの狡猾な情報操作に騙されることなく、各局には番組存続の声が殺到しているという。実際、ファンの抗議があったことで、分裂騒動時のような露骨な圧力やネガティブ報道は現在できなくなっている。今後もファンが、3人が不当な扱いを受けないよう、抗議の声をあげ続ければ、もしかしたら3人を守ることができるかもしれない。
(本田コッペ)

関連記事(外部サイト)