NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視! 第三者委員会も運営も秋元康の責任隠蔽

NGT48暴行問題で山口真帆が謝罪強要を訴えるも運営は無視! 第三者委員会も運営も秋元康の責任隠蔽

ファンから暴行を受けた山口だったが…

 AKSはやはりまったく反省していなかったらしい。例のNGT48暴行事件問題をめぐり、22日会見を開いたのだが、とんでもない代物だった。

 21日、第三者委員会による報告書が公表されたことを受けて、AKSの運営責任者である松村匠取締役、早川麻依子NGT48劇場支配人、岡田剛同副支配人の3人が会見。この会見はニコニコ生放送などを通じて生中継されていたのだが、その放送を見ていたと思しき山口真帆が、リアルタイムでAKS側の説明に異議を申し立てるツイートを連投した。

〈私は松村匠取締役に1月10日の謝罪を要求されました。
私が謝罪を拒んだら、
「山口が謝らないのであれば、同じチームのメンバーに生誕祭の手紙のように代読という形で山口の謝罪のコメントを読ませて謝らせる」と言われました。
他のメンバーにそんなことさせられないから、私は謝りました〉

 山口は1月8日から翌日にかけて、ファンから受けた暴行事件の存在や、それに関する不誠実な運営の対応を告発。その後にNGT48劇場で行われたNGT48の3周年記念イベントの壇上で騒動を起こしたことを謝罪させられた。暴行事件の被害者が逆に謝罪に追い込まれるという異様な事態はCNNにも取り上げられるなど国際的な問題に発展したが、その謝罪が松村取締役による指示だということが暴露されたわけである。

 会見が行われている間、山口はさらに、〈今回は皆様をお騒がせて申し訳ありません。色々話してスッキリしたこともありますし誤解してたこともあります。これがきっかけになったらと思います。頑張りますのでどうぞ応援よろしくお願いします〉と書かれた文章の画像を添付したうえで、このような主張も投稿した。

〈なんで嘘ばかりつくんでしょうか。
本当に悲しい。
松村匠取締役が当初言うように考えた文章です。
他のメンバーに謝らせることはできないから、謝るしかなかったけど、
スッキリも誤解もしていないし、どうしてもこの言葉は使いたくないと違う文章を考えて何度も交渉しました〉

 しかし、3時間近くにおよんだ会見の最後にこの文章について質問を受けた松村取締役は、このように断言した。

「これは私がアレしたものではありません」
「本人が誰かとやりとりしたのかどうか、それはわからないですけど、私ではない、ということは事実でございます」

 まるで山口が嘘でもついているような言い草だが、山口は詳細な経緯も明かしており、運営側の責任逃れとしか思えない。

 会見では他にも、報告書に見受けられる齟齬や事実確認について記者から指摘が続くなか、松村取締役をはじめ出席者は答えをはぐらかすような対応に終始し、被害者である山口真帆を慮る姿勢や、人命に関わるタレントの安全管理の問題に真正面から向き合う姿勢はついぞ見られなかった。

 会見もはぐらかしばかりだったが、昨日出された第三者委員会の報告書も実態を解明したとは言いがたい内容だった。

 とくに批判を浴びているのは、タレントの安全管理ができなかった原因を、「都市部が狭いこと」「公共交通機関が大都市と比べて発達していないこと」などとして、新潟の地域性のせいにしていることだ。

 会見のなかで松村取締役が報告書の指摘は否定したが、当たり前だ。

 報告書には他にも重大な不備がある。

 前述の「謝罪強要」をはじめ、事件後にAKSおよびNGT48運営が山口に対して再三行ってきた「嫌がらせ」のような措置についての言及がほとんどないことだ。報告書を読む限り、こうした事情や経緯について一番詳しいはずの今村悦朗・前NGT48劇場支配人にきちんとしたヒアリングを行ったとは思えない。

●会見でも報告書でもまったく触れられていない秋元康の責任

 AKSは、報告書と会見をもって幕引きしようとしているのかもしれないが、事態解明も説明責任もまったくなされていない。何より報告書と会見のいずれにも共通する最大の問題は、AKB48グループの最高責任者であるはずの秋元康氏の責任が問われていないことだ。

 そもそも今回の会見にはAKB48グループ全体を見る秋元康総合プロデューサーが出席していない。なぜ秋元氏がきちんと説明の場に姿を現さないのか、秋元氏が今回の件を受けてどのように発言しているのか、などを問う声も出た。しかし、それに対して松村取締役が語ったのはこんな言葉だった。

「憂慮されておられます。早くNGTが次の道に進めるようになりたいなと考えていると思われます」

 憂慮──この「他人事」感満載の言葉。しかも、どこかで聞き覚えがあると思ったら、それもそのはず。1月14日に今回の会見と同じ3人で会見が行われた際に、松村取締役の口から出たコメントとまったく同じなのだ。

「大変憂慮されている。運営は私が進めておりますので、叱責されました。当然です。『しっかりとメンバーとメンバーをケアしていくというのは、運営の責任者の仕事。経験もあるわけだから』と」(日刊スポーツWeb版掲載一問一答より)

 ようするに秋元氏は、グループの最高責任者であるにもかかわらず、事件発生直後に「憂慮」「運営を叱責」と他人事のように言ったきり、その2カ月以上この問題の解決に務めることもせず、放置しているということなのだろうか。秋元氏がこんな態度をとることは許されないだろう。

 というのも、今回の暴行事件はNGT48だけの問題ではない。AKBグループ、ひいては、坂道シリーズも含めた秋元康氏プロデュースのアイドルグループすべてに共通する問題だといえるからだ。

●NGT48暴行問題の本質は秋元康とAKBグループのシステムにある

 そもそもAKBグループのシステム自体が内部で不和を誘発しやすいものである。「選抜総選挙」や「個別握手券の売上」など過度な競争を煽る構造や、「恋愛禁止」といった非人道的なルールを強要している環境によるストレスは、メンバーのメンタルをむしばみ、メンバー間の軋轢を引き起こす要因になるからだ。

 また、握手会に代表される“疑似恋愛”ビジネスも、ファンとのトラブルを生み出す要因となっていることは言うまでもない。さらに、一部メンバーが秋元氏ら運営幹部から優遇される一方、そうではないメンバーのなかには過度な競争のなかで承認を求めてファンへの依存度が高まってしまうという問題も生じている。

 メンバーへの精神的負荷を考慮することなく、こうしたシステムをビジネスとしてつくり上げ、温存させてきたのは無論、秋元氏だ。しかも、松村取締役が「憂慮されている」という“お言葉”を伝えた状況からもわかるように、秋元氏はもはやAKBグループ運営における“天の声”“天皇”と化しており、運営はそれに忖度するかたちで事業を進めているとしか思えない。

 しかし、前回の会見があった1月からいまに至るまで秋元氏の責任を追及するメディアはほとんどない。こうしたメディアの態度が、秋元氏に「他人事」でいることを許しているのは明らかだ。

 今日の会見でも、記者の質問は、ファンと「つながって」いたとされる12人の処遇に関する質問などがメイン。前述の通り、秋元氏がこの会見に出席していないことの問題を訊いた記者もいたが、秋元氏の責任や秋元氏がつくりだしたシステムの問題について、追及がなされたとは言いがたい。

 NGT48暴行問題について、今後もファンと「つながっていた」とされるメンバーや運営の末端については追及の声は続くかもしれないが、それだけでは到底解決には至らない。

 メディアは根本的な問題である秋元氏のつくりあげたグロテスクなシステムについて徹底的に踏み込むことができるのか。それができなければ、この問題の本質的な解決は遠いだろう。
(編集部)

関連記事(外部サイト)