吉高由里子、“愛撫に悶える姿”公開でファン興奮! 新ドラマ決定で「大倉忠義と結婚はナシ?」と安堵の声も

吉高由里子、“愛撫に悶える姿”公開でファン興奮! 新ドラマ決定で「大倉忠義と結婚はナシ?」と安堵の声も

吉高由里子

 2日、女優の吉高由里子が自身のTwitterに「これがキラキラしてない方の女子会です」と、お笑いコンビ・ハリセンボンの近藤春菜と、女優の森カンナの3人で撮った動画をアップ。顔を近づけてじゃれつく3人の姿に「間に入りたい!」「春菜、俺と交代しろ!」などと、それぞれのファンが興奮する様子を見せていた。

 吉高は、これまでにもたびたび、近藤と森と女子会を開いた際の画像や動画をTwitter上にアップしていたのだが、今回の動画では、近藤と森に、耳や首筋を愛撫され、「嫌だ、嫌だ、あぁ〜」と、嬉しそうに悶える姿を見せていたため、「由里子ちゃんの喘ぎ声、たまらんわ!」「百合動画を今後も期待する」などと、これまで以上にファンを喜ばせていた。

「近藤に関しては、『そこのポジションも美女だったら、もっと興奮するんだけどな〜』と、ケチをつける声も少なくなかったようですが、仲の良い近藤と森だからこそ見せた、吉高の貴重な悶絶姿に吉高ファンは興奮。この3人といえば、昨年12月に行われた、エイズ啓発チャリティイベント『Act Against AIDS』では、Perfumeのパロディ“バキューム”というユニットを組み、Perfumeの完コピをして話題となっていましたが、『またやって欲しい』『今度は、BABYMETALやって!』などと要望する声が、今でも絶えないようです」(芸能関係者)

 吉高のツイートは、仕事の告知よりも、プライベートの話題の方が目立っていた。しかし、7日深夜に「突然だけど 黙ってた事があるんだ」といった、謎めいた投稿を行い、ファンを騒然とさせていた。

「明けて8日に、吉高が来年1月から2年ぶり連ドラ主演となる『東京タラレバ娘』に出演することが発表されました。吉高は、ドラマに関しては、2014年に放送されたNHK朝の連続テレビ小説『花子とアン』のスピンオフとして同年10月に放送された『朝市の嫁さん』、映画に関しては、13年に公開された『真夏の方程式』以降、出演がありませんでした。複数社のCMに出演していることから、CMでその姿を見る機会は多いものの、やはりファンからしてみれば、映画やドラマでの吉高の演技を見たいというのが本音だったはず。今年7月に発売された『FRIDAY』(講談社)によって、関ジャニ∞の大倉忠義との熱愛疑惑が報じられたこともあり、ファンの間では『結婚に向けて仕事をセーブ?』と懸念する声も広がっていた矢先でしたので、今回のドラマ出演発表で一安心といったところでは?」(同)

 以前、大倉と熱愛のウワサがあった芹那が、大倉ファンから大バッシングを食らっていただけに、吉高に関しては「芹那と付き合うよりマシ」と、大倉ファンからも許容されている感があった。それだけに、「このまま結婚も?」と示唆する声は業界内でも少なくなかったが……。

関連記事(外部サイト)