大島優子、日焼け姿に賛否両論の声! 篠田麻里子に続いて、水着封印を危惧する声も?

大島優子、カレンダーでのワンピース姿に篠田麻里子に続き水着封印を危惧する声も

記事まとめ

  • 大島優子がインスタグラムに、メキシコで撮ったという日焼け姿をアップし賛否両論
  • カレンダーでのワンピース姿は、ビーチで撮影されたとあって水着姿を望む声が続出した
  • 篠田麻里子に続き、大島も水着姿を封印してしまうのではと懸念する声が上がっている

大島優子、日焼け姿に賛否両論の声! 篠田麻里子に続いて、水着封印を危惧する声も?

大島優子、日焼け姿に賛否両論の声! 篠田麻里子に続いて、水着封印を危惧する声も?

大島優子公式インスタグラムより

 8日、女優の大島優子が自身のインスタグラムに、メキシコで撮ったという、顔が赤い日焼け姿をアップしたのだが、ファンの間では「健康的で可愛い!」「女優なのに、そんなに日焼けしちゃって大丈夫なの?」などと、賛否両論、飛び交ってしまっている。

 ほぼすっぴんに見える、日焼けした顔で微笑む大島に「27歳とは思えないぐらい童顔!」「酔っぱらってるみたいで可愛い」などと、称賛するファンがいる一方で、大島といえば、すでに表紙カットが公開されている、12月8日発売予定の『2017年カレンダー』では、白いワンピースドレスを着た美肌を披露しているだけに、「せっかくの美肌を焼いちゃうなんてもったいない!」と嘆くファンも少なくない。

「その『2017年カレンダー』でのワンピースドレス姿についても、タイ・プーケットのビーチで撮影されたとあって、『せっかくだから、水着姿になって欲しかった!』と嘆く声が続出。ファッション雑誌『VOCE』(講談社)が編集を手がけているとあって、過激な水着姿が収められている可能性は低く、また、15年版は発売せず、14年版では露出そのものが少ないなど、これまでことごとくファンの期待を裏切ってきたカレンダー企画なだけに、『水着ゼロの可能性も?』という声が広がり、さらには、『このまま、水着封印かな?』と危惧する声までもが広がってしまっているようです」(芸能関係者)

 大島が水着姿を封印してしまうのではないかと懸念する声は、昨年末、篠田麻里子が水着姿封印を宣言した頃からささやかれ始めた。

「篠田は、昨年末に発売された『週刊ヤングジャンプ』(集英社)でラスト水着を宣言し、同誌での6年間にわたるグラビア活動の集大成として、今年4月に完全版写真集『Memories』(同)を発売したのですが、篠田といえば、AKB48在籍時にはビジュアル担当メンバーとして活躍していただけに、『篠田が水着封印するとなると、優子ちゃんも封印することになるのでは?』『女優業も順調だし、優子ちゃんからすれば、もはや脱ぐ必要もメリットもないだろうからな』などと、大島ファンの間でも水着封印を懸念する声が活発化。しかし、推定Eカップ、『胸だけなら歴代AKB48メンバーの中でもトップクラス』ともいわれている大島なだけに、『このまま、優子ちゃんの水着姿が見れなくなるなんて寂しすぎる』『せめて、篠田みたいにラスト水着宣言してから、完全版写真集を発売して』などと要望する声が殺到しているようです」(同)

 しかし、篠田は先月17日、自身のインスタグラムにビキニ姿をアップ。ネット上では「結局、水着しかウリがないってこと?」「グラビア活動も早々に再開しそうだな」などと揶揄する声が飛び交ってしまっている。

関連記事(外部サイト)