「オタクの風上にも置けない」“ラブライバー”キスマイ・宮田俊哉がヤバすぎ!?『ガンダム』特番で大暴走……

「オタクの風上にも置けない」“ラブライバー”キスマイ・宮田俊哉がヤバすぎ!?『ガンダム』特番で大暴走……

『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』公式サイトより。

 25日、10月2日からTBS系にてTVアニメ第2期が放送開始する『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の放送直前特番が放送され、ラブライバーでおなじみのアイドル、Kis-My-Ft2の宮田俊哉出演し、“ぶれない”オタクぶりがネットで波紋を呼んでいる。

 番組では、「キスマイ宮田をハマらせよ!『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』放送直前SP」と題し、同作の魅力を、シリーズ全作を網羅するバッファロー吾郎の竹若と、年間100本以上のアニメを観るガチオタ芸人・天津向、そしてTBS女子アナナンバーワンのアニメ好きという宇垣美里が、ただただ、宮田に『鉄血のオルフェンズ』の魅力を語りつくすといった内容が放送された。

 これまで雑誌やラジオ番組、ライブのMCなどで数多くのアニメ作品が好きだと公言し、中でも『ラブライブ!』の熱烈なファンであることから、「ラブライバー」として知られている宮田。しかし、そんな“ガチオタ”であるにもかかわらず、『鉄血のオルフェンズ』は「観ていない」という。これには、「非常に残念なジャニーズアイドル」「オタクの風上にも置けない」と、3人から散々な言われよう。

 そんな宮田は、『ガンダムシリーズ』全作品を網羅するバッファロー吾郎の竹若に、「アニメ制作会社、サンライズの代表作は?」と聞かれると、「ラブライブです!」と勢いよく回答。また、「裏もエミリアたん(ハート)」と、『ガンダム』には一切関係のない、『Re:ゼロから始める異世界生活』(作:長月達平/テレビ東京ほか)のヒロイン・エミリアが大きく描かれた私物のTシャツを披露するなど、『ガンダム』の特番であるにもかかわらず、他作品の名前を挙げるなど、暴走しまくり。

 しかし、人物相関図をもとに、キャラクターを紹介され、エーコ・タービンの声優が、『ラブライブ!』の小泉花陽役でおなじみの久保ユリカだと知ると、「シカコさんですか!?」「声優さんも激アツですね!」と徐々に興味を示し、オーガスが所属する組織「鉄華団」を「μ's」、敵対組織「ギャラホルン」を「A−RISE」に例えて説明されると、「『ラブライブ!』に例えてもらうとすっごいわかりやすい!」と一気にテンションアップ。また、フミタン・アドモスは、クールで、推しである「園田海未」と同じ芯の強さを持つと聞かされると、「だんだんワクワクしてきました!」と、すでにハマりつつあるようすの宮田。

 さらに、監督・長井龍雪、脚本・岡田麿里という、『あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。』『とらドラ!』を手掛けた2人だと知ると、長井監督の作品が大好きだという宮田は大興奮。アニメの戦闘シーンには、「作画が最高ですね!」と絶賛、さらに、「スタッフさん寝てますかね?」とスタッフを気遣う発言も飛び出し、番組の最後に「観ますか」と問われると、食い気味で「観ます!」と宣言。すっかり『鉄血のオルフェンズ』に魅了されてしまったようだ。

 この宮田に対し、ネットでは、「さすがの宮田くん」「ガンタムは見てないとか潔くて草」「これは酷い(褒め言葉)」「宮田ニキぶれねぇなぁ…wwwww」「鉄血より宮田くんを好きになりそうな特番でした」と、好感の声が上がっており、番組に対しても、「プレゼン内容がそもそもオタクでない人には一切伝わらない感じでとても良い」「宮田目当てのジャニヲタに興味持ってもらうためと考えれば悪くない番組だった」という意見が上がっている。

 番組終盤、「やべー!またTシャツ増える〜!」と発言していた宮田。『ラブライブ!』の推しメン「海未ちゃん」と共通する面のある「フミタン」のTシャツを披露する日も近いかもしれない……!?

関連記事(外部サイト)