「17歳を重ねるごとに可愛くなるわ」井上喜久子(52)の36回目の17才の誕生日にファンから難解な祝福の声!

「17歳を重ねるごとに可愛くなるわ」井上喜久子(52)の36回目の17才の誕生日にファンから難解な祝福の声!

『井上ほの花』のTwitter(@inoue_honokuma)より。

 9月25日、声優歴25年以上のベテランだが永遠の17才、井上喜久子が36回目となる17才の誕生日を迎えた。喜久子(52)の娘で新人声優である井上ほの花(18)のTwitter(@inoue_honokuma)に登場し、素敵な2ショットを披露。これには「喜久子お姉ちゃん(再び17才)お誕生日おめでとうございます!!」といった祝福の声や「正しくは17歳420か月だろ?」「あーかわいい。17歳を重ねるごとに可愛くなるわ」といった様々な声が上がっている。

 ほの花はTwitterで、「今日はままのお誕生日〜 これからも身体には気をつけて、お仕事頑張ってね!素敵な1年になりますように」とのコメントと「#今年も17才」のハッシュタグをつけて1歳年下の母親とともににこやかな笑顔の2ショット写真を投稿した。

 さらに、喜久子は自身のブログで「今年も揺れ動く17才のお誕生日を迎えることができいつもあたたかく見守ってくださる皆さまっには こころから感謝の気持ちでいっぱいです!!」「色々なことがいろんな意味で『おいおい』だったりしますが (^_^;)」「これからも笑顔でふんわりのんびり歩いていきたいです ノ(´ー`*从」「お誕生日…本当にありがとう。お姉ちゃんより」と、また17才を迎えられたことについて感謝の気持ちを綴っている。

 ファンからは「もうセブンティーンか! めでたい!」といった祝福の声はもちろん「喜久子さんが11歳の時に連載開始して、17歳まで続いてたこち亀ってすごいよな」「えぇ!? もう17才、36回目なの!? とてもそんな……ええと17才には見えない……」といった時空の歪みまくったコメントが続出。中には「もう36回か、感慨深いなぁ。お姉さんが17歳である限り、僕は18歳です。そういえば昔、喜久子お姉さんが結婚すると聞いた時はマジで泣きました。いつだっけ……ああ、お姉さんが17歳で僕が18歳の時だ」といったもはや理解の追いつかない回顧をするファンも。

 そんな喜久子は17才を36回も迎えた今も、母親役から少女役まで、さまざまなキャラクターに果敢に挑んでいる。10月から放送を開始するアニメ『魔法少女育成計画』(TOKYO MXほか)では不敵でグラマーな魔法少女でガンマンである“カラミティ・メアリ”を担当。喜久子は作品への出演について「カラミティ・メアリは、とってもカッコイイ魔法少女です! って言いたいんですが大丈夫でしょうか? 少女って言って(^_^;)私が演じさせていただくのに……あ! 17才でした、おいおい」と自分でふって自分で落とすという高度な17才ジョークを披露している。

 また、現在放送中の大人気アニメ『魔法つかいプリキュア!』(テレビ朝日系)の8月28日放送の第30話から、土偶のような土器から目覚めた怪物“ベニーギョ”役で出演。こちらは少女ではないものの、露出度の高いコスチュームで登場し、妖艶な色気を振りまきつつ「〜だし」といった少々ギャル風味のセリフを高慢な態度で吐くという、かなりアクの強いキャラクターをキレキレな演技で熱演。ファンからは「お姉ちゃんのベニーギョ色っぺぇー!」「エロかっこええですな! Sっ気のある役もたまらん」と大好評を博している。

 いくつになっても……17歳になっても少女役に抜擢され、妖艶な役も演じ切ってしまうという、限界が見えてこない恐るべき喜久子お姉ちゃん。どんなに17才を重ねようとも、少女役から熟女役まで、ひるむことなく挑戦し続けていただきたい。

関連記事(外部サイト)