宮崎あおい、『怒り』演技で「渡辺謙をくった!」と話題も 「鼻が気になる…」と整形疑惑が蒸し返される

宮崎あおい、『怒り』演技で「渡辺謙をくった!」と話題も 「鼻が気になる…」と整形疑惑が蒸し返される

宮崎あおい

 17日から公開されている映画『怒り』で、7kgの増量をして役に挑んだという宮崎あおいの演技が「日本でトップクラスの女優であることを証明した!」「鳥肌が立った!」などと、大絶賛を浴びている。

 劇中で宮崎は、渡辺謙の娘役を演じたのだが、精神的に幼く、鈍臭い性格を表現するために、7kg増量し、ゆっくりとした舌足らずな話し方をするなど、役作りを徹底。純粋であるがゆえの脆さや危うさを見事に体現した演技には、「渡辺謙をくった!」「新たな代表作」などと、称賛の声が絶えない。

「原作小説では、20代前半でふっくらとした体型、さらに、家出して風俗店に勤務する、という役柄だったため、『なんで、30歳の、ガリガリの宮崎をキャスティング?』『こんな可愛い子、大衆風俗店にはいないだろ』などと、原作ファンを中心にキャスティングミスを指摘する声が殺到していたのですが、宮崎は見事な演技力で批判の声を一蹴。劇中では、渡辺、妻夫木聡、綾野剛、広瀬すず、池脇千鶴ら、他のキャスト陣の迫真の演技にも絶賛の声が殺到していますが、それに負けず劣らずの宮崎の演技には、『何かに憑りつかれているみたいだった』『これぞプロの演技』などと、元々高かった評価をさらに上げることに成功したようです」(芸能関係者)

 しかし、劇中で、ほぼすっぴんの顔を晒した際には、「鼻が気になってしょうがない」「昔の方が可愛かった」などと、以前からウワサされている鼻の整形疑惑を蒸し返される事態にもなってしまった。

「宮崎といえば、以前は日本人らしく、彫りが浅い、童顔でキュートな顔立ちをしていたのですが、2008年に放送されたNHK大河ドラマ『篤姫』に、歴代最年少で主役に抜擢された頃から、『鼻が細くなった?』『形が変わった気がする』などと、鼻の整形を疑われるようになり、それ以降は、出演作を重ねるごとに『また鼻いじった?』と揶揄されるように。それだけに、『怒り』での、ほぼすっぴん顔披露に対しても、『演技よりも鼻が気になる』と指摘する声が少なくなかったようで、ファンからは『団子っ鼻の時の方が、童顔が引き立って可愛らしかった』と嘆く声も広まってしまっています」(同)

 また、7kg増量したことに関しては、熱愛のウワサがあるV6・岡田准一が、格闘技のトレーニングマニアで、芸能界でも屈指のマッチョな体の持ち主として知られているだけに、「正しい増量の仕方とか教わったのかな?」「いっそのこと、宮崎も体鍛えて、アクション女優に転向すればいいのに」などと指摘する声も飛び交っている。

関連記事(外部サイト)