「えみつんさんまじ……」「完全に干されるのか……」新田恵美の『ヴァンガードG』安城トコハ役降板に悲嘆の声

「えみつんさんまじ……」「完全に干されるのか……」新田恵美の『ヴァンガードG』安城トコハ役降板に悲嘆の声

新田恵海オフィシャルサイトより。

 30日、“えみつん”こと新田恵海が、『カードファイト!! ヴァンガードG』の安城トコハ役を降板することが明かされ、ファンに衝撃を与えている。

 新田が所属する株式会社Sの公式サイトでは「ご報告」と題し、「この度、本人と協議した結果、新田恵海は9月末をもって『カードファイト!! ヴァンガードG』安城トコハ役を降板させていただくことと致しましたので、ご報告させていただきます。引き続き、新田恵海を応援していただきますよう、何卒宜しくお願い申し上げます」と発表。具体的な降板理由などは一切明かされていない(30日現在)。

 安城トコハは主人公・新導クロノと同じクラスの中学2年生で、面倒見がよく正義感が強い、しっかり者の優等生といった同作のヒロインで主要キャラクターの一人。新田は、2014年10月放送の『カードファイト!! ヴァンガードG』から、15年10月放送のGシーズ第2期『ギアースクライシス編』、そして今年4月から放送され先日25日をもって放送を終了した第3期『ストライドゲート編』と、約2年にわたって演じてきた。

 トコハを演じるだけでなく、第1期では、ED主題歌「NEXT PHASE」も担当し、ラジオ大阪・HiBiKi Radio Stationで放送中のラジオ『ヴァンガードG 挑め!掴め!トライスリー!!!』でパーソナリティを務めるなど、新田は『ヴァンガードG』にとっては欠かせない存在となっていた。

 新田の降板により、来月2日から放送開始となる、第4期『NEXT』の公式サイトが更新され、プロレスの活動や舞台でも活躍してきた新人声優・相羽あいなが新たに安城トコハ役を務めることが発表されている。

 新田といえば15年2月に、声帯結節治療のため休養。一部のメディア出演やイベントの予定が変更、延期となったが、代役は立てず、変わらずこれまでトコハの声を務めていた新田。今回の発表を受けてTwitterでは、「トコハ降板!?なにゆえ!?」「えみつんさんまじ……」「理由がさっぱりわからんわ」と驚きの声が上がっているほか、「完全に干されるのか……」「私の中じゃえみつんといえばトコハだから寂しいよー(;ω;)」「えみつんのトコハちゃん好きだったのになぁ……残念だわ……」「えみつんじゃないトコハちゃんなんて…」「えみつんの声を聞ける唯一のアニメだったのに……」と悲しみに暮れる声が続出。

 また、「喉を傷めたり、騒動とかあったから少しお休みするとか、そういう感じなのかな?」「舞台とかできつくなるからかなぁ〜」「えみつん役離れるとか大丈夫か……やっぱり例のネタでやられてしもたんやな……」「えみつんの今後が心配になってくる(-_-)」「これからどうなるの」「このまま引退くさいな」と、不安を抱く声も多い。

 最近の新田だが、10月5日放送スタートのTVアニメ『ナゾトキネ』(TOKYO MXほか)に宝川日向役で出演が決まっているほか、神田沙也加主演で来年3月に上演されるブロードウェイミュージカル『キューティ・ブロンド』への出演も発表されている。「スケジュールの都合から降板したのでは?」という声もあるが……。彼女の降板について、アニメ制作に詳しい関係者はこう語る。

「30分アニメの場合、1話分を収録するのにかかる時間はだいたい4〜5時間ほど。収録も週1回なので、いくら忙しいとはいえ、そこまでスケジュールに影響することはないと思います。2年もの間声優を務めたキャラクターを自ら降板するとなれば、よほどの理由があるのかもしれませんね」

 さまざまな不安を抱くファンのためにも、自身の声で理由を聞かせてほしいところだが……。

関連記事(外部サイト)