久松郁実、ロケットおっぱい披露で「加工してないの?」と驚きの声 その美貌で“居酒屋解説者”も骨抜きに?

久松郁実、ロケットおっぱい披露で「加工してないの?」と驚きの声 その美貌で“居酒屋解説者”も骨抜きに?

久松郁実オフィシャルブログより

 先月29日、グラビアモデルの久松郁実が自身のブログに「撮影の日はお天気にも恵まれてカラフルな水着がとても映えました」と、ビキニ姿を横から撮られたショットをアップしたのだが、ネット上では「これ、本物のおっぱい?」「加工してない? 詰め物してない?」などと、その巨乳ぶりに驚きの声が飛び交った。

 アップされたのは、同28日に発売された「週刊少年マガジン」(講談社)のグラビアに掲載された画像ということだが、「普通、これだけ巨乳だったら垂れるだろ」「ワイヤーで吊ってるのか?」などと、ロケットおっぱいぶりに驚嘆する声が殺到。また、以前までは推定Fカップとウワサされていた久松だが、「これは推定Gカップに格上げでも良いのでは?」という声も急速に高まりを見せている。

「久松は、今年7月に発売された『週刊少年マガジン』の中ページのグラビアを飾った際に、反響が大きかったらしく、『今回、初表紙&巻頭カラーのグラビアをさせて頂くことになりました! なんて嬉しいお話』とブログに綴っているのですが、今回、表紙を飾った、野球のユニフォーム風のビキニ姿や、カラフルビキニでのロケットおっぱい姿でさらにファンが急増しているようです。また、久松は『CanCam』(小学館)の専属モデルも務めているだけに、『どうやったら、そんなメリハリボディになるの?』と、女性からも熱い視線を送られているようです」(芸能関係者)

 グラビアでは胸ばかりが注目されがちだが、今年5月に行われたJRA『日本ダービー出馬表発表イベント』では、その美貌ぶりで、“居酒屋解説者”ことサッカー解説者の松木安太郎をはじめ、その場に居合わせたおじさん連中をメロメロにした。

「イベント会場に登場するや否や、松木は『突き抜けるような美しさ。隣に立つのがこんなおじさんでいいのかな』と、久松の美貌にメロメロ状態。競馬場デートについて久松から『松木さんと行ってみたい』とリップサービスを受けると、『お弁当を作って競馬場に行きますか』と大盛り上がり。これに対してネット上では、『キャバクラだったら、ケツの穴の毛まで毟り取られてるだろうな』と指摘する声が飛び交っていました。また、久松は7月に、ヤクルトの栄養ドリンク『タフマン』を東京・JR品川駅構内でビジネスマンたちに配るイベントに出席した際にも、おじさんたちをメロメロにしていただけに、業界内では急速に“オヤジキラー”として認知され始めています」(同)

『タフマン』のサンプリングを終えた久松は、「タフな男性が好きですね。海やプール、遊園地に連れていってほしいな」とコメント。ネット上ではたちまち、「夜のタフさには自信があります!」「郁美ちゃんが望むならどこへでも連れて行っちゃいます!」などと鼻息荒くさせたコメントが殺到した。

関連記事(外部サイト)