島崎遥香、AKB48卒業と同時に業界から塩対応? 初ラジオ番組には「塩対応じゃない!」と絶賛の声

島崎遥香、AKB48卒業と同時に業界から塩対応? 初ラジオ番組には「塩対応じゃない!」と絶賛の声

島崎遥香

 3日に行われた求人情報サイト『バイトルNEXT』の新CM発表会に、AKB48の島崎遥香が出席。年内いっぱいでAKB48から卒業することを発表したのだが、ネット上では「卒業と同時に、業界から塩対応されるのでは?」「来年はもう見る機会がないかもね」などと、辛辣な意見ばかりが目立っている。

 先月12日から放映開始された『バイトル』のCM『(バイト)卒業前』篇での、『次に進むことに決めた』というセリフがきっかけとなり、「AKB48卒業か?」と臆測する声が広まっていた島崎だが、3日、卒業を正式に発表すると、ファンからは悲しみの声が殺到。その一方で、これまで塩対応で批判をされ続けてきた島崎なだけに、「AKB48という後ろ盾を失った途端、業界から一気にしっぺ返しを食らうのでは?」と指摘する声が多く寄せられてしまっている。

「これまで、仮病疑惑も流れるほどに、頻繁に握手会を欠席したり、出席したら出席したで、テンション低めの姿を見せたりと、アイドルとは思えないやる気のなさを見せ、批判を浴びつつも、島崎が活動を続けてこられたのは、AKB48という大きな船に乗り、芸能界で大きな影響力を持つ秋元康の後ろ盾があったから。そのため、卒業後に関しては、ファンすらも『業界から干されないか心配』という声が広まっています。また、今後、メインにしていくであろう、女優業に関しては、『バイトル』のCMですら『セリフ棒読み!』『表情の変化に乏しい』などと、表現力不足を指摘する声が飛び交っているため、ファンからは『もうちょっと演技力磨いてから卒業でもいいのでは?』という声も寄せられているようです」(芸能関係者)

 また、3日の発表会で、島崎が「ずっと夢だったことがあって、ジブリの声優さんをやりたい」と語った際には、ネット上で、ジブリファンやアニメファンを中心に「お断り!」「ジブリの声優をやりたいなんて、軽々しく言うんじゃねー!」などと、批判の声が殺到する事態となってしまった。

「アニメファンは、2014年に公開された劇場アニメ『妖怪ウォッチ 誕生の秘密だニャン!』に、島崎がゲスト声優として出演した際の棒演技の記憶が残っているため、過剰に反応してしまったようです。しかし、その一方で、先月27日から放映開始された、島崎にとって初となるレギュラーラジオ番組『島崎遥香のぱるラジ!』(文化放送)では、終始、笑い声が多く、『塩対応じゃない!』『素のぱるるっぽくて可愛い!』などと、ファン以外からも称賛する声が飛び交い、『意外とジブリ作品のヒロインの声に合いそう』『練習すれば、モノになるのでは?』などと期待を寄せる声も少なくありません」(同)

 島崎の最後の握手会は、12月24日に予定されているのだが、ネット上では「それも仮病で欠席したら、逆にファンになるかも」「最後までブレないスタンスを見せて欲しい」などと期待する声も広まっている。

関連記事(外部サイト)