「ベンチが寂しくなります……」『ハイキュー』烏養コーチ役の声優・田中一成さんが死去

「ベンチが寂しくなります……」『ハイキュー』烏養コーチ役の声優・田中一成さんが死去

青二プロダクション公式サイト「田中一成」個人ページより。

 11日、声優の田中一成さんが10日、脳幹出血のため死去したと所属事務所の青二プロダクションが発表した。49歳だった。

 田中さんは、1967年生まれ。青二塾大阪校第2期を卒業。1996年『地獄先生ぬ〜べ〜』木村克也役を演じたほか、『機動戦士ガンダムSEED DESTINY』オーソン・ホワイト役、『プラテネス』ハチマキ役、『銀魂』カトケン役、『コードギアス 反逆のルルーシュ』玉城真一郎役など、数々の人気アニメで声優を務め、好青年や三枚目キャラを熱演。

 また、洋画の吹き替えや、『The・サンデー』(日本テレビ系)や『とくダネ!』(フジテレビ系)など、数々の人気番組でナレーションを担当。さらには、アコースティックユニット「道頓堀ダイバーズ」のヴォーカルとギターを担当するなど、幅広く活動していた。

 田中さんは亡くなる2日前に、自身のTwitter(@tkaz3)を更新。「クマの湯バンドもお披露目いたします。 ゲストも濃いよ〜 夜の部よろしくお願いいたしますm(_ _)m」と、22日に東京・上野 Untitledにて開催予定の音楽イベント『バディベア presents クマの湯ソニック』と、出演イベントを告知するなど、元気な様子を見せており(田中さんが亡くなったことを受け、イベントは中止が発表されている)、先週7日からは、烏養繋心役を務めている『ハイキュー!!』(TBS系)のTVアニメ第3期がスタートしたばかりだった。

 突然の訃報に、Twitterでは、「は!? 田中さん嘘やろ……」「若すぎるよ……( ; ; )」「びっくりしすぎてなんかもう全然信じられない」「悲しくてたまらない 田中さんお声も演技も大好きです」「田中さんの烏養くんの話す声も怒鳴る声も先生って呼ぶ声もほんとに好きだったからもう聞けないのかと思うと悲しさしかない」「ハイキュー3期が始まってすぐなのでとてもショック」「ベンチが寂しくなります」「一昨日まで普通にツイッター動いてたのに……『来週もハイキューお楽しみに!』って言ってたのに……早いよ……ご冥福お祈り致します」と、たくさんの悲嘆の声や追悼メッセージが寄せられている。

 なお、現在放送中の『ハイキュー』烏養繋心役をはじめ、田中さんがこれまで演じてきたキャラクターや、ナレーションを担当した数々の番組を、今後誰が後任を務めるのかは明らかになっていない(11日現在)。しかし、田中さんの声と熱い演技は、ファンの心の中に生き続けていくだろう。

 ご冥福をお祈り申し上げます。

関連記事(外部サイト)