坂口杏里、トップAV女優宣言に「サイボーグ化加速?」の声 「まずは汚ケツを綺麗にしろ!」の声も

坂口杏里、トップAV女優宣言に「サイボーグ化加速?」の声 「まずは汚ケツを綺麗にしろ!」の声も

坂口杏里

 6日、タレントの坂口杏里が、AV女優名義“ANRI”のTwitterで、「人生一回なんだから新しい道に行く事、そこでトップになりたい」と、トップAV女優を目指すことを宣言。これに対してネット上では、「ということは、またお直しするってこと?」「ますますサイボーグ化が進みそうだな」などと揶揄する声が飛び交っている。

 以前から整形疑惑が尽きない坂口だが、今月1日に発売されたAVデビュー作『What a day!!』(MUTEKI)のパッケージが公開された際には、「別人!」「AV用にお直しした?」などと指摘する声が噴出。トップ女優宣言については、前日の夜に放送された『リンカーン 芸人大運動会』(TBS系)で、元カレである、お笑いコンビ・バイきんぐの小峠英二から「デビューしたからにはトップを取っていただきたい」とエールを受けてツイートしたようだが、AVファンからは「AV業界を舐めんなよ!」「2作目からは話題にもならねーよ!」などと、怒りの声が寄せられしまっている。

「9月5日付の東京スポーツによって、AV女優への転向が報道されるや否や、ホスト遊びで作った借金を返済するためのAV出演だというウワサが飛び交うなど、話題を集めていましたが、6日のTwitterで坂口は『自らAVの道に行きましたよ。お金でも何でもない』と、自らの意思でAV女優に転身したことをツイート。そして、『そこでトップになりたい』と宣言したのですが、デビュー作『What a day!!』に関しては、『また顔が変わってた!』『スタイル悪い!』などと、否定的な声ばかりが目立ち、清純派として売り出したことに対しても、『ホスト狂いのイメージが定着しちゃったから、無理がある』と指摘する声が多いです。また、7日に『切開とかしてません!』と、整形疑惑を否定するツイートをしていた坂口ですが、芸能界以上に整形がはびこっているといわれるAV業界ですから、『2作目はさらにサイボーグ化が進んでいるのでは?』とささやく声が広まっています」(芸能関係者)

 また、AVデビューということで、整形疑惑以上に話題となったのが、坂口のヌード姿だったのだが、『What a day!!』が発売されると、「貧乳」「ケツが汚い」などと、ネット上では辛辣なコメントが飛び交っていた。

「FカップやGカップの巨乳AV女優たちを見慣れているAVファンからすれば、坂口の胸はあまりにも貧相に見えたようで、『今後は体もサイボーグ化しなきゃ、トップは狙えないぞ』と指摘する声が殺到。また、お尻の方までびっしりと生えた陰毛や、吹き出物だらけのお尻に関しても、『なんて毛だ!』『美少女だったら、ギャップ萌えするんだけどね』などと、批判の声ばかりが目立ち、『初めて男優が羨ましくないと思えた』と、男優に同情する声まで寄せられていました。それだけに、来月2日に発売予定の初ヌード写真集『ANRI』(講談社)の売り上げを危惧する声も広まっています」(同)

 デビュー作発売と同時に、世間からの注目度が一気に下がってしまった坂口だが、先日、AV女優の明日花キララが、Hey!Say!JUMPの伊野尾慧との熱愛疑惑で話題を集めていただけに、「坂口もジャニーズ食いしてみれば?」というアドバイスも送られている。

関連記事(外部サイト)