「チャットレディかな?」「これ大丈夫なんかね……」人気声優アイドル・i☆Risの“3分1万円”Skype通話企画に不安の声

声優アイドルユニットi☆Risがファンと生通話企画 推しメンとの通話には3分1万円

記事まとめ

  • 人気声優アイドルユニットi☆Ris(アイリス)が、ファンとSkype生通話企画を実施
  • 茜屋日海夏、芹澤優、久保田未夢、山北早紀、澁谷梓希、若井友希と3分1万円で通話する
  • 3分1万円の通話に「チャットレディかな?」「新手のテレクラ」など不安の声も上がった

「チャットレディかな?」「これ大丈夫なんかね……」人気声優アイドル・i☆Risの“3分1万円”Skype通話企画に不安の声

「チャットレディかな?」「これ大丈夫なんかね……」人気声優アイドル・i☆Risの“3分1万円”Skype通話企画に不安の声

「きみだけLIVE」公式サイトより。

 人気声優アイドルユニット「i☆Ris(アイリス)」が、ファンと生通話する企画を実施、i☆Risファンをはじめ、声優ファンたちを驚かせている。

 2012年、大手レコード会社エイベックスと、声優事務所81プロデュースがタッグを組んで開催した「アニソン・ヴォーカルオーディション」の合格者・茜屋日海夏、芹澤優、久保田未夢、山北早紀、澁谷梓希、若井友希の6名で結成された「i☆Ris」。“声優とアイドルの活動を両立するハイブリッドユニット”として、TVアニメ『プリパラ』(テレビ東京系)でメンバー全員がメインキャラの声優として出演、主題歌も担当しているほか、ライブ活動も積極的に行っており、今年11月には日本武道館にて、デビュー4周年を記念したアニバーサリーライブの開催が予定されているなど、今注目の声優アイドルユニットだ。

 そんな彼女たちが挑戦することになったのが、今月5日よりスタートしたアイドルバラエティ番組『きみだけTV』(日本海テレビ)の企画の一つとして行われる「きみだけLIVE」。

「きみだけLIVE」とは、好きなアーティストやアイドルと、通話サービスの「Skype」を利用して1対1のテレビ電話ができるというもの。ユーザーは「ハート」という仮想通貨を利用し、好きなアーティストの「きみだけLIVE」に応募できる。抽選に当たると、一定時間(5〜10分程度)生放送配信で通話やライブが体験でき、外れた場合でも、リアルでの単独ライブ参加権やビデオメッセージ、限定グッズなどを入手のチャンスがある。

 今回、i☆Risは、3分間の通話時間を全50の枠を設けており、それぞれのメンバーが来週21日、22日、24日、来月2日の計4日間、ファンとの通話を行う。申し込みは基本先着順(抽選の枠もあり)で、“推しメン”との通話するには1個100円の「ハート」が100個、つまり1万円が必要とのこと。

 3分間で1万円の通話は一見高いようにも思えるが、ネット上の声を見ると、「i☆RisちゃんとSkype出来るんですか!?」「i☆Risレベルで3分1万円なら格安だと思う」「本当に好きな人だとしたら、普通こういう機会ないから安い」などと声が上がっており、ファンにとっては推しメンとコミュニケーションを図れるまたとない機会のようだ。

 しかし、このように喜びの声が上がる一方で、「チャットレディかな?」「新手のテレクラかよ……」「ファンなら喜んで払うかも知れんが、こういう商売やるようになったか〜って感じ」「自分の好きな声優がこんなこと始めたら残念な気持ちになる」「自ら価値を下げてる気しかしない」「他の声優はどう思ってるんだろう……」「仕事とは言えこんなことまでしなきゃいけないって 声優も大変だな」と、ネガティブな意見も少なくない。中には、「絶対に何かやらかしちゃうでしょ」「これ大丈夫なんかね……放送事故の予感しかしない」と不安の声も上がっているようだ。これについて、i☆Risファンの男性はこのように語っている。

「これまでi☆Risは、握手会や撮影会、サイン会などを開催しており、ファンとの距離が近いことでも人気ですが、そんな距離の近さからか熱狂的なファンの中には迷惑行為を行う人もいます。また、ライブマナーが悪いことも評判で、今年5月に行われたライブツアーでは、一部の公演の警備に屈強な黒人のスタッフが配備されるほど。今回の企画についても運営側はなんらかの対策を講じるかと思いますが、過去にはそういったことも起きているだけに、楽しみな反面、ファンとしては不安もあります……」(同)

 なお、「きみだけLIVE」の公式サイトを見てみると、現在、芹澤優がメンバーの中で最も多い22枠を売り上げており、全体でも現在94枠が「sold out」となっている(18日現在)。i☆Risファンからは期待の声も上がっているだけに、ファンとメンバー、双方が楽しめる企画になるといいが……。

関連記事(外部サイト)