魔法、物語、歌の世界観……“受け継がれるもの”からアフィリア・サーガの未来が見えた! 卒業メンバーインタビュー

魔法、物語、歌の世界観……“受け継がれるもの”からアフィリア・サーガの未来が見えた! 卒業メンバーインタビュー

今回は私服で来てもらいました。4人のファッションにも注目!

 今年、2月から3月にかけて行われた、“永遠”をテーマにしたアフィリア・サーガ ワンマンツアー2017「永遠の蒼き愛の女神」では、メンバーが卒業しても、アフィリア・サーガは永遠に続いていくことを、あらためて確信したメンバーたち。

 今回は、6月に卒業を迎えるコヒメ・リト・プッチ、ユカフィン・ドール、ミク・ドール・シャルロットに、3人が思いを託す10期メンバー、カナ・R・ノーウィッチを加え、“アフィリア・サーガに受け継がれるもの”について語り合ってもらった。

■全部魔法の力だと言えるのがとても素敵です

――あらためて、メンバーが変わってもこれだけは変わらない“アフィリア・サーガらしさ”とは、どこにあると考えていますか?

コヒメ ほかのユニットにはない世界観があるユニットということが一番大きいです。アフィリアの世界観は本当に物語としてしっかりしていて、それを味わえるお店もあります。お店で実際にアフィリア世界の登場人物になることもできれば、世界観を歌う曲を、私たちを通じて楽しむことができるので、いろいろなアプローチで世界観を楽しめるところが大きな魅力だと思います。

――アフィリアの世界観のどこが一番好きですか?

コヒメ アフィリアには「魔法」があり、全部魔法の力だと言えるのがとても素敵です。普通の女の子だったのに、アフィリアの魔法をかけられたことでアイドルになれた、そういう自分のシンデレラストーリーというか、夢を叶えられたのもそもそも魔法なので、素晴らしい世界ですね。

ミク 「魔法」は国や年齢を問わず夢があるテーマで、一度は魔法使いに憧れる子ども時代があるんじゃないかなと思うんですよ。私は、魔法は本当にあると思っています。テーマパークや映画のテーマなど、本当にいろんなところで「魔法」というテーマが使われていますが、「魔法」をテーマにしたアイドルは私たちだけです。それは入学と卒業を繰り返しても、ひとつ芯が通ったところではないかと思います。

――アフィリア・サーガさんは、ライブ一つひとつに物語があり、そこも魅力ではないかと思うのですが、いかがでしょう。

ユカフィン ライブでも世界観にそったドラマ性やテーマを大事にしています。例えば、「恋の百年戦争」(2013年)では、魔女に奪われた恋する気持ちを私たちが歌を通して取り戻すというテーマでした。ちょっとしたお芝居のあった「Forest of Brillia」(14年)もそうでしたけど、私たちも物語を楽しんでいます。先日のワンマンツアー「永遠の蒼き愛の女神」のときは、“永遠”という今までで一番壮大なテーマだったので、みんなで話し合いました。自分たちもツアーの物語を通して成長できるのは、本当にアフィリアの世界観があるからこそだと感じています。

――「永遠の蒼き愛の女神」では、ご自身なりの“永遠”も見つけられたそうですね。

ユカフィン 私ツアーが始まるまでは、自分もアイドルを卒業しちゃうし、いつかは死ぬので、「永遠なんてないじゃん!」って思っていたんですよ。でも、ツアーのテーマソングの「この歌に永遠の愛を捧ぐ」のように、私たちが思いや魂を込めて一つひとつの楽曲を歌ってきたことは永遠に残るし、アフィリア・サーガを卒業する日が来ても、私たちが刻んで来た一瞬一瞬は永遠になって、ずっと存在する物なんだと、“永遠”を感じられました。

――加入前に外から見ていたカナさんは、“アフィリア・サーガらしさ”をどのようなところに感じていましたか?

カナ 店鋪ではライブ映像が流れたりするのですが、世界観がすごく伝わって来て、空間が“ここだけ違う世界”になるんです。テーマパークのように、ライブを見ている時だけ、現実を忘れて楽しめるみたいに。それに曲も中毒性があるので、すぐ覚えられるんです。CDがリリースされるとすぐに覚えて、みんなで踊ったりしていました。

■「握手会がきっかけで、カナのファンになりました」という人も多い

――今回、思いを託すメンバーを選んでいただきましたが、カナさんはどのようなメンバーですか? 加入して1年半ほど経ちますが、成長されたところなどありますか?

カナ 変わったかな?

ユカフィン・コヒメ・ミク 変わった、変わった!

ユカフィン 責任感もあるし、すごくまじめで、何にも考えていないように見えて結構考えているなと、私たち先輩メンバーは感心しています。

コヒメ 名古屋店でお手伝いしたとき、名古屋店時代のかなりんを知るキャストさんが、昔は象を使い魔だと言っていたと話してくれました。でも、私たちの知っている使い魔は犬だから、アイドルになるのをきっかけに、かわいい設定にしたのかな。

カナ そこ言う!?

ユカフィン それはほめていない(笑)。そこなの!? ほかにもあったでしょ!?

カナ でも、この3人に追いつきたいと常に思っています。

ミク こういう気遣いできる点かなと思います。

ユカフィン 嘘!? 今、本気だと思ってた。

カナ 本気、本気! 例えば、コヒさんだったら、小さいのにライブ中の見せ方がすごいです。私、「ニーハイ・エゴイスト」のダンスがすごく好きで、それをマネして踊っています。フィンさんだったらトークがすごく楽しくて、ライブ中もみんなを笑顔にするし。ミクさんは、キャラが濃過ぎて……。やっぱり自分はまだまだキャラが立っていないので、そういうところをマネしたいと思っています。

――ほかのメンバーにももちろん期待していると思いますが、カナさんだからこそ期待できる部分はありますか?

ユカフィン 11年から店鋪を長く続けて来て、アフィリアの世界もすごくわかっているし、名古屋からアフィリア・サーガに入る決意を持って上京して来たので、根性もあります。あと、冷静に物事を見てくれているところです。発言するだけでなく、冷静に見る人も大事だと思うんですよ。まだ10期で気を使っている部分もあると思いますが、私たちに追いつきたいと言ってくれているので、本当に胸を張って、メンバーの一員として背中を押してあげたいです。

ミク 私たち3人が抜けた後も、やっぱり「魔法」を引き継いでほしいと思っています。コヒメちゃんもユカフィンも私も、初期からとても「魔法」を大切にして来たメンバーなので、いろいろな場所でアフィリアのコンセプトである「魔法」を広げていくことを受け継いでいってくれたらうれしいな。

コヒメ かなりんは、見た目がすごくかわいくてお人形さんみたいじゃないですか。でも、握手会の対応は親しみやすくて、話しやすいんですよ。「握手会がきっかけで、カナのファンになりました」という人もすごく多いし。その根底にあるのは、お店で培ったコミュニケーション能力だったりします。かなりんはぜひ、得意の握手や話術で、いろいろなセンパイを虜にしてほしいと思うし、アフィリア・サーガの握手会にまた来たいと思えるような、そういう楽しいひと時を用意できる子だと思っています。

■歌詞の世界観を後輩たちに受け継ぐのも大事だと思っている

――アフィリア・サーガの伝統についてうかがいたいと思います。先輩メンバーから後輩メンバーに受け継がれるものとして、振り写しは知られていますが、ほかに受け継がれている物はありますか?

ユカフィン アフィリアは世界観や「魔法」が大事なので、歌い手も歌詞の意味をわかっている必要があります。なので、歌詞の世界観を後輩たちに受け継ぐのも大事だと思っているので、みんなが「そうなんだ」と聞いてくれるところに伝統を感じますね。振り付けも一つひとつ細かく、「ここはこういう表情で」というのもあるので、形だけでなく、その中にある思いや伝えたい意味を、みんな本当に受け継いでくれています。私たちが直接振り写しをしなくても、後輩メンバーから後輩メンバーに受け継がれている様子を見ていると伝統っていいなと思うし、歴史を感じます。

ミク ユカフィンやコヒメちゃんが、率先して引き継いでくれているよね。

ユカフィン 桃井(はるこ)さんや志倉(千代丸)さんなどに会う機会が多いので教えてもらっています。最近だと、「ネプテューヌ サガして」を熱く語ったら、「そういう意味だったんですか、すごい」って、かなりんも言ってくれて。この曲には、「シュリンクあけないで積まれタワー 週末に封印を解かれたわ」という部分があって。シュリンクはCDに付いている保護フィルムのことで、この歌詞はそれが開封されないまま、どんどん積まれていっている状態。歌だとゲームなのですが、私たちでいうとCDになります。それを週末に封印を解いて、私たちと向き合ってくれたという歌詞なんですよ。ワンフレーズにも深さがあるし、その音楽の世界に入り込んで歌を届けるのが大切だと思っています。

カナ 「ネプテューヌ サガして」は普通にかわいい曲だと思っていたんですけど、その話を聞いて感動して、泣きそうになりました。

ユカフィン 実は泣き曲だといわれているんです。かわいいだけの曲に聞こえがちですが、「わたしだけの棚がここにあるの」とか、私たちにも例えられるじゃないですか。アフィリア・サーガ専用の棚があって、その応援してくれている人が、CDや写真を飾ってくれていたり、それを自慢げに話してくれたりするんだよと、教えてもらいました。桃井さんも志倉さんも、YOFFYさんも奥井(雅美)さんも、しっかりと教えてくれます。実際に歌を作ってくださった方々が、アフィリアの世界観が好きで、その世界観に沿った歌を提供してくれるので、本当にうれしいです。

■今までのアフィリアを振り返る総集編みたいになっている曲

――桃井さんの曲といえば、卒業ソングの「アフィリアの誓い」もそうですよね。みなさんはどのようにこの歌詞を噛み締めていますか?

コヒメ 全部にアフィリアの世界観が盛り込まれていますよね。もう歌詞を見たら気付くように、今までのシングル曲が随所に散りばめられていて。私も歌詞のデータをいただいたときは電車に乗っていたのに、涙が出てきました。“泉”から始まって、“祈り”になって、“放課後”とか、“ニーハイ”とか。最初の曲から全部盛り込んでくださっていて、桃井さんのアフィリアに対する想いをすごく強く感じました。アルバムを見ているような気持ちになりながら歌える曲ですね。サビには「アフィリリル〜!」というアフィリアの呪文もありますし、まさにアフィリアの「魔法」を体現できる曲だと思っています。

ユカフィン いつも細かく桃井さんは説明してくれるのですが、この歌に関しては、ここが「ルミナスの泉」でとか、ここが「メリディンの祈り」でとかは、特にはっきり明言したくないと言っていたんです。何でだろうと思っていたら、それをメンバー同士で話し合ったり、メンバーとセンパイ方と話し合ったり、センパイ同士で話し合ったりして、改めてアフィリアが好きだという気持ちを確認しあってアフィリアを感じてほしいと。実際に、センパイたちもこの歌詞はこれだよねと語っているので、桃井さんって歌ひとつでそういうところまで考えているんだなと思いました。振り付けも連動していて、あの振りはあれだと気付けたりします。また、この一曲によってセンパイたちがアフィリアの歴史をたどって、そして次の未来に向かえる明るい希望の曲にもなっています。卒業ソングだから、淋しいのが来るのかなと思っていたけど、アフィリアの将来にワクワクできる曲なので、やっぱり桃井さんはすごいなと、みんなで話していました。

ミク 「アフィリアの誓い」というタイトルを最初に見て、アフィリアの世界観や魔法がテーマになった曲なのかなというイメージが漠然とあったのですが、ここまで、アフィリアの今までの歴史を詰め込めるんだということに、歌詞を見て本当に驚きました。一番のお気に入りは、「アフィリリル〜!」というところ。今までありそうでなかった、アフィリアの魔法の呪文の言葉が歌の中に入っていえるのが斬新だし、今まで何百回と魔法をかけてきた言葉なので、それが歌詞に入っていることがすごくうれしかったです。さらにダンスも、今まで振り付けやダンスレッスンをしてくださったOCHI先生が作ってくださって。メンバーの想像をいい意味で裏切る振り付けで、今までの振り付けが要所要所に詰め込まれていて驚きました。ライブでも盛り上がる曲だし、普通に聞いても感動できる曲です。

カナ アフィリアのすべてが詰め込まれていて、私も歌詞をもらったときに、ちょっと「フフ、全部わかる」って笑顔になるような曲だと思いました。「永遠の蒼き愛の女神」で初披露した後、「アフィリアの誓い」でエゴサーチしたら、「本当にアルバムみたいで、見ていて笑顔になった」とか書いてくれている人が結構いてうれしかったです。

――卒業ソングというよりも、歴史を濃縮した曲ですよね。

ユカフィン 卒業ソングではないと思っています。

コヒメ これからのアフィリアに向かっていくために、今までのアフィリアを振り返る総集編みたいになっている曲だと思っています。例えばすごく長編の漫画あったとして
↓もう14巻まで出た後だと、それまでの歴史を振り返るためには、なかなか手を出しにくいじゃないですか。でも、この1曲だけに13巻までのすべてが詰まっている。この曲を聞いて14巻以降の新しいアフィリア・サーガに期待してくださったら、すごくうれしいです。「アフィリアの誓い」は、私たちの卒業ソングであると同時に、新しいアフィリア・サーガに向かうための序章になるべくして生まれた曲だと思います。

■このライブを見ないと、スタートを切れないぞ、というライブにしたい

――6月3日の卒業ライブは、前代未聞の最多曲数のライブになるそうですね。

コヒメ 今までのワンマンライブを超える、最多曲数になりました。アフィリア・サーガの8年半の中で、「S・M・L☆」しか知らないというような一瞬しか知らない人にも、確実にその人の好きな曲が入っている訳なんですよ。全曲とはいえないですけど、今までの曲はほぼすべてやるぞという勢いで臨んでいるので、このライブを通じて、今までのアフィリア・サーガを全部知ることができる大規模な総集編ですね。

ユカフィン 本格的なレッスンはこれからですが【編注:取材時】、全然実感がなくて……。8年間、毎日アフィリア・サーガだったので、本当に卒業ライブの日も実感なさそうなんですけど、その実感のないまま終わってほしいなと思っていて。意識しちゃうと、淋しいから。みんなとの最後のライブなので、メンバーとも、センパイとも、本当に楽しみたいです。3人で話し合って、MCも短めにして、曲をいっぱいやろうとなりました。泣いたりする感じはなしで行こうという意見も一致して、「楽しく終わろうね」と話しています。

――ほぼノンストップライブということですか!?

ユカフィン そうですね。MCも今までと比べたら、少ないと思います。それに、一部二部に分かれていたことはありますが、一回のライブでここまで曲数をやることはなかったので、メンバーにとっても挑戦みたいな感じになるのかな。見ている人たちを飽きさせないように、パフォーマンスで楽しんでもらえるようにしたいです。

――今、ここだけに言えるライブの見どころってありますか?

ミク 普段は曲によって、その曲の煽りを担当しているメンバーが決まっていて、私は煽りを担当することは今まで一度もなかったのですが、卒業ライブでは挑戦しようと思っています。どの曲かは見に来てからのお楽しみです。

――卒業ライブの準備のさることながら、新体制の準備も進んでいるそうですね。

カナ 昨日、レッスンがありました。私が加入したときは、マックスで15人だったんですよ。でも、この3人の卒業で7人になるので、マックスだったときの半分になるんです。レッスンでは人数の少なさを感じて淋しかったけど、人数が少ないとそれだけ一人ひとりのダンスが目立つので、もっとみんなで息を合わせてダンスを揃えて、迫力あるライブを見せられるように頑張りたいと思います。

――と、卒業ライブの話題を振りましたが、コヒメさんとミクさんは、6月に舞台『マクベス狂走曲』に出演されるとか。

コヒメ そうですね。卒業前にアイドルとしてやれることは全部やろうと思っているので、舞台に出ることにしました。みくぽむが主演で、シェークスピアの『マクベス』を現代のレディース風にアレンジした舞台です。みくぽむのふにゃんっとしたキャラが、「あたい」と言ったり、巻き舌を使うかわからないけど、ドスの利いた演技をすることになったりすると思うので、ぜひギャップを見に来てくれたらと思います。

――すごいギャップですね。

ミク これまで舞台に3回出演してきて、女子プロレスラーをテーマにした舞台だったので、そのときもギャップがあったとセンパイたちから聞いたのですが、今回は暴走族なので、さらに荒っぽい感じの役になるかなと思います。ギャップのある役だけど、私も違う一面を見せられるというか、まったく違う役を演じられることにお芝居の楽しさを感じています。

――コヒメさんは、どんな役なんですか?

コヒメ 私はマクベスをベースにした幕部須凶子役なので、結構心の葛藤があったり、悪に染まりそうになったりと、そういう心情芝居が多い役になりますね。台本がまだ届いたばかりなのですが、殴ったり蹴ったりもするんですよ。こんなちびっ子いアッパーで、あんまり威力がなさそうですけど(笑)。けっこう悪い役なんですよね。悪く見えればいいんですけど。

■みんなが大好きなアフィリア・サーガを続けていきたい

――最後にユカフィンさん、コヒメさん、ミクさんは、ご自身にとって「アフィリア・サーガ」とは何かを教えてください。

コヒメ 人生をかけた物でした。以上です。

ユカフィン 私は日常でした。当たり前の毎日、みたいな。独り立ちしなければいけないと思うと、怖い部分もあるけど、それだけ毎日が楽しかったんだと思います。アフィリア・サーガで送る日常が、日常って感じですね。

ミク 自分にとってのアフィリア・サーガとは、自分を別人にしてくれた物でした。

ユカフィン 本人格が気になる。

カナ キャラだったんですか!?

ミク そう思われているかもしれないけど、アフィリア・サーガに入った後に、友達の家族から、「すごくおとなしかったのに、明るくなって別人のようになったね」って言われたことがあったんです。すべてにおいてマイペース過ぎて、行動が遅かったんですけど、集団行動をしているうちに、早く準備しなければならない場面に遭遇するし、空いている時間にご飯を食べなければならないということにも遭遇するし。そういう生活に危機感を持っていたら、変わりました。

――では、カナさんには、これからのアフィリア・サーガをどうしていきたいかをお聞きしたいと思います。

カナ 今まで卒業していったひとたちや、これから卒業していく人たちのアフィリア・サーガに対する思いも、ちゃんと受け取って大事にしつつ、これから新しく頑張っていこうと思っている今の7人と、また入ってくるかもしれないメンバーたちの思いも大切にして、自分ができることを精一杯やって、みんなが大好きなアフィリア・サーガを続けていきたいと思います。
(取材・文/桜井飛鳥)

関連記事(外部サイト)