稲村亜美、1万5,000円ファンミーティング開催に「何するの?」 “始球式アイドル”否定に天狗疑惑浮上?

"神スイング"稲村亜美のファンミーティング開催に揶揄 バカリズム番組で天狗疑惑も

記事まとめ

  • "神スイング"でお馴染みの稲村亜美がアパホテルでファンミーティングを開催する
  • 「1万5,000円出すだけの価値あるトークができるの?」と揶揄する声も
  • バカリズムがMCを務める番組での発言では「天狗になった?」と視聴者の反感を買った

稲村亜美、1万5,000円ファンミーティング開催に「何するの?」 “始球式アイドル”否定に天狗疑惑浮上?

稲村亜美、1万5,000円ファンミーティング開催に「何するの?」 “始球式アイドル”否定に天狗疑惑浮上?

稲村亜美

神スイング”でお馴染みのグラビアアイドル・稲村亜美が今月19日に東京・潮見駅前のアパホテルでファンミーティングを開催する予定になっているが、1人あたりの料金が1万5,000円ということで、「稲村亜美、アパホテル、1万5千円は妥当なのか?」「始球式アイドルが一体何をするの?」などとネット上をざわつかせている。

「幼少時代は野球に打ち込んだという稲村。2015年に公開されたトヨタ自動車のCM『G’s Baseball Party』で、OL風のスーツ姿で豪快なスイングをしたことで、“神スイング”と称され注目を集めるようになりました。さらに、時速100キロ越えという、女性としては剛速球を投げることからプロ野球の始球式に登場することが多く、いつしか“始球式アイドル”とも呼ばれるように。また、野球の知識が豊富なことを買われて、野球関連のメディア番組に出演する機会も多いのですが、その際に“噛む”ことが多いため、今回のファンミーティングでのトークショーに関しては、『1万5,000円出すだけの価値あるトークができるの?』『どうせ1番盛り上がるのは神スイング披露する時でしょ』などと揶揄する声が飛び交っているようです」(芸能関係者)

 今年4月にオリックス・バファローズの本拠地・京セラドーム大阪で行われたソフトバンクホークス戦の始球式に登場したことで、プロ野球12球団中10球団の本拠地で始球式を務めた稲村。まさに始球式アイドルの名にふさわしい活躍ぶりだが、本人はその呼ばれ方を気に入っていないことを、先月26日にネット配信された『必殺!バカリズム地獄』(AbemaTV)で語り波紋を呼んだ。

「お笑い芸人のバカリズムがMCを務める同番組。女性ゲストが“鬼ギレエピソード”を語るというコンセプトもあってか、稲村はバカリズムに“始球式アイドル”と紹介されたところでいきなり、『これ、ちょっと怒り。始球式以外もしてますよ』と食ってかかったのですが、ネット上では『始球式以外もやってるのかもしれないけど全然話題にならないよね』『不満なら他のアイドルに始球式譲ってやれよ』などと批判の声が相次ぎました。また、新幹線で出待ちをしてサインを求めてくる人に対して『辞めて欲しいです』という発言もしたのですが、これに対しても、『天狗になった?』『サインを求められるだけ有難いと思え』などと視聴者の反感を買ってしまったようです」(同)

 出場機会に恵まれないプロ選手よりも登板回数が多いともいわれている稲村だが、今後は“神トーク”が冴え渡ることになるのか注目だ。

関連記事(外部サイト)