道重さゆみの“モー娘。が20年続いた理由”にファン安堵 劣化知らずのビジュアルに称賛集まる

道重さゆみの“モー娘。が20年続いた理由”にファン安堵 劣化知らずのビジュアルに称賛集まる

道重さゆみのインスタグラム(@sayumimichishige0713)より

 14日、人気アイドルグループ・モーニング娘。’17が、『モーニング娘。結成20周年記念イベント〜21年目もがんばっていきまっしょい!〜』を開催し、サプライズゲストとして元メンバー・道重さゆみが登場。同グループが長年活躍し続けている理由を訊かれた際、「20年のうち12年私がいたから」と答えたが、これに対してファンからは「相変わらずのさゆみん節!」「キャラぶれしないところ大好き!」などと絶賛の声が相次いだ。

「2003年に加入し、約11年10カ月にわたり同グループに在籍していた道重。これは歴代メンバーの中でも現時点で最長記録ということで、確かに歴史をつくったメンバーの1人といえます。しかし、それを堂々と『私がいたから』と言ってしまい、なおかつ反感を持たれないのは、現役時代に毒舌&ナルシストキャラを確立して人気を獲得した道重ならではでしょう。モー娘。卒業後、芸能活動を休止した際には引退も危惧されましたが、今年3月に復帰。相変わらずのキャラを発揮していることでファンも安堵しているようです」(芸能関係者)

 現役アイドル時代と変わらないのは、そのキャラクターだけではない。ナルシスト発言の根拠になっている美貌についても「劣化知らず」「むしろ、美しさが増した?」などと称賛の声が絶えない。

「復帰宣言後、初のメディア出演となったラジオ番組『MBSヤングタウン土曜日』(MBSラジオ)では、タレント・村上ショージから『真空パックに入っていたのかなっていうくらい何も変わってない。2年間でまた美しくなった』と褒められた道重。これに謙遜するどころか、『私もちょっと思ってたんですよね。かわいさのピークは25歳ぐらいだから、そこで卒業したいって思っていたんですが、意外とかわいさを保ってますし、なんなら色気も出た』と自画自賛しファンを笑わせていました。しかし、実際にメディアの前にその姿を現すと、本当にビジュアルに陰りが見えないため、『真空パックのたとえは言い得て妙だったんだな』『確かに色気が加わって、より魅力が増したように思える』などとネット上をざわつかせました」(同)

 最近ではSNS上に積極的にミニスカ姿をアップし、その美脚ぶりにも注目が集まる道重。セクシーな魅力が加わったことで、今後はアイドル時代とはまた違った活躍が期待できそうだ。

関連記事(外部サイト)