小林麻央、抗がん剤で失った毛が再び生え始めたことを報告

小林麻央、抗がん剤で失った毛が再び生え始めたことを報告

小林麻央、抗がん剤で失った毛が再び生え始めたことを報告

 小林麻央が18日、自身のブログを更新。「小さな毛」と題して抗がん剤の影響で抜けていたまつ毛などが再び生え始めてきたことを報告した。

 「術後、抗がん剤をお休みしています。」と始まる麻央のブログには、レンズを真っ直ぐに見つめる麻央の笑顔。見開いた目の上にはしっかりと生えた眉毛が見える。

 「完全に抜けていた眉毛やまつ毛が一ヶ月経たずに、生え始め、形になりました。」という報告が続き、「眉毛は、顔の「元気度」に大切な部分だと再確認しました。」と綴る麻央。看護師さんに「眉毛を描くと自信がつく」と言われたという話も付け加え、麻央本人も眉毛が生え始めたことで、精神的な自信を取り戻しつつあるようだ。睫毛のことにも触れ「小さな毛の大きな役割に脱帽です。」と締めくくった麻央。

 ファンからは「失って気づくこともたくさんありますね」「顔がすごく力強くなった気がします!」と麻央の気づきに賛同するものや、どんどんと元気になっていく麻央にエールを送るコメント、同じ癌を抱えるファンたちからの喜びを共有する声などが続々と書き込まれている。

関連記事(外部サイト)