「となりのトトロ」が初の舞台化 エグゼクティブ・プロデューサーは久石譲 10月8日ロンドンで開幕

「となりのトトロ」が初の舞台化 エグゼクティブ・プロデューサーは久石譲 10月8日ロンドンで開幕

となりのトトロ舞台化

 宮崎駿監督のアニメーション映画「となりのトトロ」が、イギリスの名門演劇カンパニーである「ロイヤル・シェイクスピア・カンパニー(RSC)」によって、初めて舞台化されることが決定しました。ロンドンのバービカン劇場にて2022年10月8日~2023年1月21日の期間で上演されます。

 エグゼクティブ・プロデューサーを務めるのは、映画「となりのトトロ」で音楽を担当した久石譲。舞台化を提案した久石に対し、宮崎駿監督が「久石さんがやるなら」と快諾したことにより「となりのトトロ」初の舞台化が決定したとのこと。

 舞台を制作するのは、以前から「となりのトトロ」の舞台化を熱望していたイギリスの名門RSC。RSCはパトロンをエリザベス女王、理事長をチャールズ皇太子が務めている英国を代表する演劇カンパニーで、シェイクスピア作品のほか、「レ・ミゼラブル」「マチルダ・ザ・ミュージカル」などが有名です。

 演出は「アクナーテン」でローレンス・オリヴィエ賞を受賞したフェリム・マクダーモット、脚本は注目の若手脚本家のトム・モートン=スミスが担当します。舞台では新たにオーケストレーションした久石譲の音楽が流れ、パペットクリエーターのバジル・ツィストが創ったパペットも登場するとのこと。

 「となりのトトロ」は1988年に公開された宮崎駿監督のアニメーション映画。 自然豊かな郊外へ引っ越してきた「サツキ」と「メイ」が、森で出会ったのは不思議ないきもの「トトロ」。姉妹と「トトロ」との交流を描く物語。

 なお、この舞台はフェリム・マクダーモット主宰のカンパニー「インプロバブル」が制作協力し、RSCと日本テレビの共同製作。上演期間のうち10月8日~10月14日はプレビュー期間として上演されるそうです。

※宮崎駿監督の崎の字は、「たつさき」が正式です。

(c)Studio Ghibli 
情報提供:日本テレビ グローバルビジネス局イベント事業部

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?