岡崎体育と三浦透子を起用したSMBCグループの新CMがOA開始 「深夜高速」をカバーした2人の歌声にも注目

岡崎体育と三浦透子を起用したSMBCグループの新CMがOA開始 「深夜高速」をカバーした2人の歌声にも注目

「カラフルな人びと。山中翼」篇 01

 シンガーソングライターの岡崎体育さんと女優で歌手の三浦透子さんを起用した、株式会社三井住友フィナンシャルグループの新テレビCMが放映スタート。

 11月14日より、三浦さんが出演する「カラフルな人びと。広田千草」篇(30秒、60秒)が、11月17日からは岡崎さんが出演する「カラフルな人びと。山中翼」篇(30秒、60秒)が、全国にて放映されます。

 劇中歌には、2021年11月に放映された「ともに、前へ」篇に引き続き、フラワーカンパニーズの「深夜高速」が採用。岡崎さんと三浦さんがそれぞれカバーしています。

 CM内で2人が演じるのは、SMBCで働く社員。個性を活かして働く多様(カラフル)な従業員の一例として、プレゼンが苦手で謝ってばかりの山中翼と、ゆっくりとした性格の広田千草が奮闘する姿が描かれています。

 「カラフルな人びと。広田千草」篇で三浦さんが演じるのは、個人顧客向け営業を担当するSMBCの社員、広田千草。誰よりもゆっくりな広田は、顧客を訪問しても人の話を聞いてばかり。しかし広田は、人の話を聞くことで新たな気付きがうまれ、成すべきことが見えてくることを知っていました。

 「カラフルな人びと。山中翼」篇では、SMBCの法人営業担当の山中翼を岡崎さんが熱演しています。海外で事業展開するI社に、H社の技術を紹介するために奔走し、最後には熱心な山中の努力によって手を取り合うことになるストーリー。

 SMBCグループは、このCMを通じて、それぞれの個性を活かしながら働く社員たちのイメージをわかりやすく伝え、「お届けしたいのは『人の力』」という思いを表現しています。

 劇中で流れる「深夜高速」は、2人が役柄をイメージしながらそれぞれ熱唱しているとのこと。ストーリーとリンクするように流れる「生きててよかった」のフレーズにも注目です。

情報提供:株式会社三井住友フィナンシャルグループ

関連記事(外部サイト)

  • 記事にコメントを書いてみませんか?