乃木坂46・西野七瀬映画初主演『あさひなぐ』 原作表紙を実写キャストが再現

乃木坂46・西野七瀬映画初主演『あさひなぐ』 原作表紙を実写キャストが再現

あさひなぐ特典

こざき亜衣の漫画『あさひなぐ』(小学館・週刊ビッグコミックスピリッツ連載中)を原作にした、9月22日公開の実写映画がポスター画像および予告映像を解禁した。

『あさひなぐ』は、『闇金ウシジマくん』、『アイアムアヒーロー』、『土竜の唄』、『海街diary』など数々の映画化作品を世に送り出した小学館漫画賞を受賞した作品で、「なぎなた」がテーマ。元美術部で運動音痴の主人公・東島旭が二ツ坂高校に入学するが、1つ先輩の宮路真春に憧れ“なぎなた部”入部を決意する。ところが「練習は楽で運動神経がなくても大丈夫」という誘い文句とは真逆で稽古は過酷そのもの。そして訪れた3年生にとっての最後のインターハイ予選。順調に勝ち進む二ツ坂だったが決勝戦で圧倒的強さの前に敗れてしまう。厳しいしごき、地獄の夏合宿、挑んだ秋の大会、ばらばらになる仲間……、本作ではなぎなたに全てをかける女子高生たちの熱く感動的な青春がみずみずしく描かれている。

解禁された実写化ポスターでは、主人公東島旭(乃木坂46・西野七瀬)を中心に、宮路真春(乃木坂46・白石麻衣)ら二ツ坂高校の部員たちやライバル校のエース一堂寧々(乃木坂46・生田絵梨花)ら、登場人物の個性が表現された赤い背景に桜の花びらが良く映える、美しいポスタービジュアルとなっている。

同じく解禁された本予告映像では、舞台となる二ツ坂高校なぎなた部に入部した旭たちを待ち構える過酷な稽古や、絶対的エース・宮路が敗れた事をきっかけに、部員たちがバラバラになってしまうシーンなどが描かれ、非常に胸が熱くなる展開。さらに、東島旭(西野七瀬)が「元気出していきましょー!」と大声で叫ぶカットは、主人公・旭が成長した姿を垣間見ることのできるシーンであり、映画初出演・初主演の西野が体当たりで挑んだシーンとなっている。

なお、『あさひなぐ』の前売券1400円(税込)が7月14日より上映劇場にて販売される。前売券には映画『あさひなぐ』オリジナル原作別バージョンカバーが特典としてつく。合計8タイプあり1巻から8巻までの原作の単行本カバーの表紙を、映画キャストにより再現したもの。前売券1枚に付き、いずれか1つがプレゼントとなる。さらに公式Twitterで“第2弾Twitterキャンペーン”企画も開始されている。詳細は映画公式サイトで確認してほしい。

(C)2017 映画「あさひなぐ」製作委員会 (C)2011 こざき亜衣/小学館

(おたくま経済新聞編集部 / 画像提供・株式会社マンハッタンピープル)

関連記事(外部サイト)