医者役が似合う20〜30代の俳優は? 向井理が1位に

医者役が似合う20〜30代の俳優は? 向井理が1位に

画像提供:株式会社CMサイト

 ランキングサイト「ランキングー!」が6月10日、「医者役が似合う20〜30代俳優ランキング」の結果を発表しました。10〜60代の男女1万763名を対象に調査がおこなわれています。

 「白い巨塔」や「白衣の戦士!」、「ラジエーションハウス〜放射線科の診断レポート〜」など、今も昔も数多くの医療系ドラマが制作され、ひとつのジャンルとして確立していますが、「ランキングー!」が医者役が似合うのはどの俳優か?とアンケート調査をおこなったところ、次のような結果がでています。

 1位に選ばれたのは、 2012年7月にTBS系列で放送されたドラマ「サマーレスキュー〜天空の診療所〜」で、クールな若き心臓外科医を演じたこともある向井理さん。投票者からは「知的で優しいルックスなので合うと思います」「医者ならではの小難しい顔つきも似合う」といったコメントが寄せられていました。

 2位は山下智久さん。「ドクターヘリに乗ってる姿がカッコイイ」など、フジテレビ系列で今まで3度シリーズ化され、2018年には劇場版も公開された人気ドラマ「コード・ブルー −ドクターヘリ緊急救命−」でのイメージがやはり強いようです。そして、3位の斎藤工さんは、最終回を迎えた「東京独身男子」で歯科医役を演じていましたが、「やり手の医者。オペとか得意そう」と、妄想を膨らませる投票者もいました。

<ランキングTOP5抜粋>
1位:向井理(1204票)
2位:山下智久(1092票)
3位:斎藤工(836票)
4位:綾野剛(799票)
5位:二宮和也(668票)

 筆者が印象に残っている医療系ドラマと言えば、1993年にフジテレビ系列で放送された「振り返れば奴がいる」。当時まだ20代だった織田裕二さんと石黒賢さんがダブル主演を果たし、織田さんの「東京ラブストーリー」でのイメージを覆す見事な悪役っぷりが印象的でした。みなさんが思う、医者役が似合う俳優さんはどなたですか?

◆アンケート概要
・調査方法:10〜60代の男女を対象に、株式会社CMサイトが行ったインターネットリサーチ結果を集計
・有効回答者数:10,763名
・調査日:2019年3月27日
情報提供:株式会社CMサイト

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)