和牛やミキが敗れる波乱 「M−1グランプリ2019」決勝進出者会見に行ってきた

和牛やミキが敗れる波乱 「M−1グランプリ2019」決勝進出者会見に行ってきた

集合写真

 「M−1グランプリ2019」準決勝が12月4日に行われ、終了後に決勝進出者発表記者会見が開催。ミキや和牛などが敗れる波乱が起こり、この日に決勝戦出場を決めた9組中7組が初進出というフレッシュな顔ぶれになりました。

 「M−1グランプリ2019」決決勝進出者発表記者会見は、準決勝が行われた直後に開催。2018年は、霜降り明星が史上最年少の王者となり、日本中に衝撃が走った「M−1グランプリ」ですが、2019年は史上最多の5040組がエントリーし、4か月にわたる厳しい予選が繰り広げられました。

 熾烈を極めた予選を勝ち抜き、見事に決勝進出を果たした9組は、インディアンス、ミルクボーイ、オズワルド、見取り図、かまいたち、ぺこぱ、からし蓮根、すゑひろがりず、ニューヨーク。決勝は、この9組に敗者復活戦を勝ち抜いた1組を加えた10組で、12月22日に開催されます。

 決勝進出者発表記者会見のステージには、最初にMCを務めるお笑いコンビ・麒麟の川島明さんが登場。「M−1グランプリ2019」の概要を紹介した後、決勝進出を果たしたファイナリスト9組を呼び込みました。

 過去に出場した準決勝の中では「一番ウケていた」と言うインディアンス。きむさんは「漫才中に(相方の)たぶっちゃんと目が合って、その時に『あ、行ったな』という感じをやられた」と暴露。田渕章裕さんは「やめてよ〜!そんな顔してないですよ〜!感じ悪いやろ!」と恥ずかしそうに全力で否定し、会場を笑わせていました。

 麒麟の川島さんから「30年目ですよね?」と言われていたミルクボーイ。準決勝自体も初だった2人ですが、内海崇さんは「角刈り初の決勝ということで、令和初のM−1で角刈りが出て良いのか?というのがあるんですけど……」と恐縮気味。一方の駒場孝さんも「僕はボディビルをしているので、ボディビル初の決勝ということで……」とコメントしていましたが、最後は力強く2人で「頑張ります!」と意気込みを語っていました。

 結成して5年目にして初の決勝進出を果たしたオズワルド。準決勝で爆笑をとっていたが、伊藤俊介さんは「妹(伊藤沙莉さん)が女優をやってるんですけど、受かった喜びと共に、誰かに抱かれてないかという心配もちょっと……」と話し、決勝に進出できたのは妹さんのコネなのではないか?と疑う場面も。

 2年連続の決勝進出を決めた見取り図。リリーさんは「去年が6位だったんで、それを超えられるように」と意気込みを語ると、相方の盛山晋太郎さんが「俺ら9位や!ちょっとサバ読むな」とツッコミ、会場は爆笑。さらに、リリーさんは「漫才中に目が合った瞬間、これは行けるなと思った」と話すと、「それインディアンスやないか!」と盛山さんに突っ込まれ、会場を笑わせていました。

 「まだ出てるんですね……」と麒麟の川島さんに言われていた、かまいたち。濱家隆一さんは「1番芸歴が上で、15年という規定の中なんですけど、なんかホント、すみません……」と恐縮しきり。山内健司さんも「正直、コンビ名も分からないですし、名前も全然知らない人も多くて……」と話していましたが、その例として「盛山……?」と言うと、「13年以上の付き合いです!」と、見取り図の盛山さんから突っ込まれていました。

 しかし、一番の先輩ということで、「負けられない大会になってしまいましたが」と川島さんから聞かれると、濱家さんは「今年、本当に優勝して終われたら、一番良いなと思っていますので、頑張ります!」とコメントしていました。

 決勝に残った中で唯一、吉本興業以外のお笑いコンビ・ぺこぱ(サンミュージックプロダクション所属)。2人とも「良かったぁ」と、安堵の表情が印象的でした。また、シュウペイさんが、自分たち以外すべて吉本所属という状況に「え〜、やだぁ〜……」と怯え、失笑を買うと、川島さんから「ちょっと、あなたのキャラがよく分からないです」と突っ込まれていました。

 2013年に結成、第37回今宮戎マンザイ新人コンクールで新人漫才福笑大賞、第8回YTV漫才新人賞決定戦で優勝し、関西では「(M−1の決勝に)行く行く」と言われ続け、2年連続で準決勝敗退していた、からし蓮根。

 伊織さんは、「毎年、審査の結果が出る空き時間に先輩と過ごすと、その先輩が受かる(決勝に進む)ジンクスが出来ていた。だから今年は絶対に1人でいようと思い、(準決勝が)終わった瞬間、1人で東京タワーに行った」というエピソードを披露していました。

 結成10年目で、やっと「M−1グランプリ」の決勝に進出したニューヨーク。嶋佐和也さんは「本当に10年目で……、何度もこの準決勝の壁を超えられなかったので、やっと初出場で本当に嬉しいです」と話すと、一瞬会場が静まり返ったため、「あれ?ボケなきゃいけなかったですか?」と聞くと、相方の屋敷裕政さんから「おもんな!それ聞くのが一番おもんない」と突っ込まれ、会場が笑いに包まれていました。

 「さぁ、ここからは演芸コーナーということで……」と川島さんから紹介された、すゑひろがりず。袴姿に鼓を持ち、会場の中でもひときわ異彩を放つスタイルに、川島さんも「怖いですよ、みなさん。『キングオブコント』も、どぶろっくが優勝しましたから。怖いんですよ流れが」と、一目置いている様子。

 しかし、本人は「まさかです」と、自分たちの決勝進出が、まだ信じられていないよう……。川島さんから「こういうもの(楽器)を持ち込んだのは(第2回の)テツandトモ以来ですよ」と言われると、南條庄助さんは「Amazonで、8万円で購入できます」と回答。さらに、決勝について聞かれると、三島達矢さんは「(決勝に進出したことで)営業が増えてくれたらなぁ」と話し、会場を笑わせていました。

 ファイナリスト9組の紹介が終わると、審査員の紹介が行われました。今年の審査員は、昨年と同様に、オール巨人さん、上沼恵美子さん、立川志らくさん、サンドウィッチマン・富澤たけしさん、ナイツ・塙宣之さん、中川家・礼二さん、ダウンタウン・松本人志さんの7人。

 この顔ぶれについて聞かれた、かまいたちの山内さんは「志らく師匠を外してほしいですね」とボケ、会場は爆笑。「こっちのNG聞いてないです。選ぶ権利は無いんで」と、川島さんに突っ込まれていました。

 かまいたち同様、昨年、決勝でこの7人に審査された見取り図のリリーさんは、「(昨年は)礼二さんだけ唯一、僕らに90点を付けてくれたので、明日から毎日お歳暮を贈ろうかなと思っています」と話していました。

 最後は、すゑひろがりずの音頭で、一本締めで終了した「M−1グランプリ2019」決勝進出者発表記者会見。終了後はファイナリスト9組で囲み取材が行われましたが、麒麟の川島さんはステージを降りる際、「あまりこのへんで、いらんことを言わないように。すぐYahoo!ニュースに載るんで。あと、会見が終わった後、生配信だけはやめてくださいね」とファイナリストたちに注意し、記者たちを爆笑させていました。

 有力候補のライバルたちが姿を消した準決勝について聞かれた見取り図の盛山さんは、「すごく熾烈な戦いだった。有馬記念と一緒で、10回やれば10回とも結果が違う。僕らはディープインパクトになりたいと思います」と答えると、会場がシーンとしてしまったため、「もう1回いいですか?」とお願い。その瞬間、ドッと笑いが起こっていました。

 続いて、サンミュージックの前にオスカープロモーションに所属していた、ぺこぱに質問が。決勝戦で司会を務める上戸彩さんとの共演は過去にしたことがあるのか?聞かれると、「毎年、事務所のマネージャーから『オスカーから決勝行ってるの上戸だけやで』と言われていた。今年、やっと決勝に行けた思いをそのマネージャーにぶつけようとしていたが、事務所が変わってしまったため、ぶつけられないままになってしまった」とコメント。

 さらに、オスカー時代に営業に行っている時、「米倉、上戸、ぺこぱでやらせてもらっています」と勝手に名前を出していたため、決勝で上戸彩さんに会ったら「その件を謝罪したい」と話し、会場の笑いを誘っていました。

 はたして2019年は、いったい誰がグランプリに輝くのか!?「M−1グランプリ2019」決勝戦は、12月22日18時34分からテレビ朝日系列で生放送されます。

取材協力:M-1グランプリ事務局

(取材・撮影:佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)