向井理が卒業できない癖とは?

向井理が卒業できない癖とは?

※画像は日本テレビ「ぐるナイ」HPのスクリーンショットです。

 2月21日に日本テレビ系列で放送された「ぐるナイ」で、VIPチャレンジャーとしてゲスト出演した向井理さんは、どうしても卒業できない癖として「服を脱ぎっぱなしにしてしまう」と、向井さんのイメージからは想像できない意外な事実を語りました。

 向井さんと言えば、芸能会きっての料理好きで有名ですが、それは母親の影響があるとのこと。母親は料理が得意で、食卓にはいろいろな食材が並んでいたそうですが、時々、ロブスターなど、ビックリするような食材も出てきたそうです。小学生だった向井さんにとっては衝撃的な出来事でしたが、そんな母親の影響から料理に興味を持ち、母親の手伝いをするうちに、魚を捌けるようにもなったとのこと。ちなみに、小さい頃は学校帰りに蹴っていた石ころを集める変わった収集癖もあったそうです。

 そんな向井さんですが、この日の番組は「私○○から卒業しますSP!」ということもあり、卒業できない癖について聞かれると、寝るときに着ている「服を脱ぎっぱなしにする癖がありまして……」と告白。仕事から帰ってきたら「そのまま残っている」そうで、脱ぎっぱなしにしていたズボンをそのまま履いたりすることもあるとのこと。奥さんの国仲涼子さんから「自分でやりなさい!」といわれても、なかなか卒業できないそうです。こんな料理好きでイケメンな向井さんにも意外とだらしないところがあるんですね。

<出典・引用>
日本テレビ「ぐるナイ」(2月21日放送)
※画像は番組公式HPのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)