陰口で悩む女子高生に、マツコ「必要な情報以外は耳に入れなければいい」とアドバイス

陰口で悩む女子高生に、マツコ「必要な情報以外は耳に入れなければいい」とアドバイス

画像:テレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」番組HPのスクリーンショットです。

 3月6日にテレビ朝日系列で放送された「マツコ&有吉 かりそめ天国」で、ケンカや陰口の場からすぐ逃げてしまうという女子高生からの悩みに、有吉弘行さんとマツコ・デラックスさんが、「必要な情報以外は耳に入れなければいい」と、自身の経験を交えながらアドバイスをしました。

 この日、番組では、17歳の女子高生から届いた「すぐ逃げてしまう自分がイヤになります」というメールを紹介。その女子高生によると、例えば、部活などで先輩・後輩の人間関係がこじれたら、その中での振る舞い方がわからないため逃げてしまうとのこと。また、クラスで自分の陰口が聞こえた時でも、「傷つきたくないし……」と、その場を離れてしまうそうです。この女子高生は、自分の性格の弱さが原因で、改善しなきゃと思っているようなのですが、どうしても立ち向かうことができずに悩んでいるとのこと。

 このメールに対し、有吉さんは「(自分も)逃げたいわ!そんなこと言う人たちから」と、素直な気持ちを告白。マツコさんも「タイマン勝負、ふっかけられたらやるわよ」と言いつつも、陰口に対して「ねぇ、アンタ言ってたでしょ」と言うのは「さすがに無理よ」とコメント。

 さらに、有吉さんは「なかなかイヤなことがあっても、その場から逃げないタイプ」と自己分析し、「もうちょっと逃げるのが上手だったらな、って思うこともいっぱいある」と話しました。マツコさんも「わかるわぁ」と共感し、陰口を叩かれていると気づいても「変なプライドがあって、そこから立ち去るんじゃなくて、毅然とその場にいちゃうタイプ」と語り、全然気にしていないフリや聞こえていないフリをして、自分の中でグジグジしてしまうとのこと。

 そして、マツコさんは「『必要だ』って思ってる情報以外は、耳に入れないようにすればいい」と話し、自身が相談者のように高校生だったころは「最低限の交流はするけど、あんまり密にならないようにしてた」と振り返り、陰口は仲が良いからこそ言われるため、薄い関係にしていたとのこと。また、高校生の時の友達と今でも会ったりする機会は少ないため「言ってあげられることがあるとすれば『そんなもんだよ』ってこと」と、気にしすぎてはいけないと話していました。

 なお、この番組の模様は3月13日まで、テレ朝動画および、民放公式テレビポータル「TVer」にて視聴できます。

<出典・引用>
テレビ朝日「マツコ&有吉 かりそめ天国」(3月6日放送)
※画像は番組HPのスクリーンショットです。

(佐藤圭亮)

関連記事(外部サイト)