菅田将暉と小松菜奈が幼なじみ役を演じる「niko and … 」春のWEBムービー公開

菅田将暉と小松菜奈が幼なじみ役を演じる「niko and … 」春のWEBムービー公開

niko and…の新WEBムービー「あ、ハル」

 株式会社アダストリアが展開する「niko and … 」の新しいWEBムービーが2019年3月8日に公開されました。ブランドアンバサダーを務める菅田将暉さんと小松菜奈さんが演じる幼なじみが訪れるのは、小さな頃“秘密基地”にしていた場所。桜井和寿さん(Mr.Children)とGAKU-MCさんのユニット、ウカスカジーによる新曲「言葉」に乗せて、何度も巡りくる「春」をモチーフにした、ノスタルジーを感じさせる、どこか温かい世界が描かれています。

 niko and … がWEBで展開する「であうにあうMOVIE」は、これまでにも様々な出会いを描いてきました。今回公開された「あ、ハル」と題された作品は、菅田将暉さんと小松菜奈さん演じる幼なじみの2人が、ふと小さい頃の昔に遊んだ“秘密基地”で、その頃を思い出すように、巨大なカプセルマシーンを回して楽しみます。

 小さい頃は“タイムカプセル”として、手の中に収まる小さなカプセルに宝物を詰めていた2人。時を経て、大きくなったカプセルからは、椅子や額縁、サボテンにスカートなど色々なものが出てきます。それを手にして楽しみながら、また心は小さかった頃に戻っていくよう。


 この素敵なカプセルマシーン「Space Time Capsule」をはじめとする、アートディレクションを務めたのは、NHK大河ドラマ「江」や朝の連続テレビ小説「てっぱん」のタイトルワークや、「半分、青い。」のポスターを手がけた森本千絵さん。カプセルが出てくる扉は、小さな子供なら本当に“秘密基地”の入り口になってしまいそうです。

 そして今回もムービーを彩るのは、桜井和寿さん(Mr.Children)とGAKU-MCさんのユニット、ウカスカジーの楽曲。使用されているのは新曲「言葉」(リリース未定)です。目に見えない、形のないものにも名前があると歌うこの曲は、2人の持つカプセルに詰まった中身が持つ意味を表現しているようにも聞こえてきますね。

 撮影の際は、2人の近さが感じられるような自然な会話が求められた、菅田将暉さんと小松菜奈さん。「Space Time Capsule」のハンドルを力いっぱい回す菅田さんに「がんばれ、がんばれー!」と小松さんが無邪気に応援をするなど、和気あいあいとした雰囲気で撮影が進んだといいます。そして春を告げる桜の花びらが美しく舞うシーンで全ての撮影が終わると、そのシーンをイメージしたバースデーケーキがサプライズで登場。菅田さん(2月21日生まれ)と小松さん(2月16日生まれ)のちょっぴり早い誕生日を、スタッフが祝ってくれたそうです。ちなみにお誕生日といえば、公開となった3月8日は、偶然にもウカスカジー桜井さんのお誕生日です。

 今回のモチーフになった「タイムカプセル」について、「僕やったことないな……」という菅田将暉さんに、学校で経験したことがあるという小松菜奈さんは「成人式のときに開けてみたら、手紙とかが入っていて、書いてあったことがちょっと恥ずかしかったです」と告白。その恥ずかしい手紙の内容は「好きな人のこととか……。甘酸っぱかったなぁー」と、また当時を思い出していたようです。

 このWEBムービー「あ、ハル」は、niko and … の2019年SPRING特設ページのほか、YouTubeの公式チャンネル、また一部の「niko and … 」店頭でも見ることができます。これと同時に、それぞれ内容の異なる3パターンのテレビCMも放送開始。どこか懐かしい手触りの映像と、この春出会ってみてください。

情報提供:株式会社アダストリア

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)