藤原竜也史上“最凶”のクズキャラ解禁 映画「Diner ダイナー」

藤原竜也史上“最凶”のクズキャラ解禁 映画「Diner ダイナー」

映画「Diner ダイナー」ティザーポスター

 その内容から“映像化不可能”と言われた平山夢明さんの小説「ダイナー」(ポプラ社:ポプラ文庫)が、藤原竜也さん主演×蜷川実花監督の初タッグで映画化。2019年7月5日に公開されます。このたびティザーポスターと場面写真が解禁。蜷川監督ならではの艶やかな色彩が躍る世界が展開されています。

 元殺し屋で天才シェフのボンベロ(藤原竜也さん)が腕を振るう、殺し屋専用のダイナー(食堂)を舞台にした作品。それが「ダイナー」です。店にやってくる客はみな“殺し屋”ということもあり、命が紙くずのように扱われる、世界一イカれた場所。映像化不可能と思われていたこの作品が、藤原竜也さんと蜷川実花さんのタッグで実現したのが映画「Diner ダイナー」です。

 これまでも難しいキャラクターを次々モノにし、怪演を見せてくれた藤原竜也さんでも、これほどイカれた役は初めて。藤原竜也史上“最凶”のクズキャラだといいます。しかし先に解禁された特報映像では「俺は、ここの、王だ!」のセリフで始まる圧倒的存在感で、ネットでは話題騒然となりました。また、窪田正孝さん、本郷奏多さん、武田真治さん、斎藤工さん、佐藤江梨子さん、金子ノブアキさん、小栗旬さん、土屋アンナさん、真矢ミキさん、奥田瑛二さんといった豪華出演陣も作品の期待を否が応にも高めてくれます。

 今回解禁されたティザーポスターは、蜷川実花さんの特色である、極彩色かつ絶妙のバランスで支えられた構図が印象的。色があふれていながらも、美しい調和を見せる感覚は蜷川さんならではのものです。

 合わせて解禁された場面写真では、立ちすくむ少女の首に向かって包丁を突き立てていく藤原さんの鋭くも冷たい眼光が光ります。また、柄に施されたゴールドとエメラルドの色彩も目を引き付けます。

 別の場面では、厨房で肉の下ごしらえをする藤原さんの姿。抑えられた色調の中で、藤原さんが身にまとう調理服の白と、肉の赤がコントラストを見せますが、これが“何の肉”なのか、も気になるところ。

 蜷川さんの映像美に期待が高まりますが、藤原さん以外のキャストについて、どんな姿でスクリーンに登場するかも注目の的。いまだ明らかになっていないオオバカナコのキャストは誰になるのか……。続報に期待しましょう。

(C)2019 映画「Diner ダイナー」製作委員会
情報提供:マンハッタンピープル

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)