いきものがかりが「ビフィズス菌 BY株」をイメージした楽曲!? ヤクルト「ミルミル」新CMで披露

いきものがかり、ヤクルト『ミルミル』新CMに楽曲書き下ろし 4月12日からオンエア

記事まとめ

  • いきものがかりが、ヤクルト『ミルミル』シリーズの新しいTVCMに登場する
  • いきものはCMのため楽曲を書き下ろし、YouTube公式チャンネルでは限定ムービーも公開
  • CMは吉岡聖恵のシーンが印象的で、ビルの屋上での撮影に水野良樹は震えたという

いきものがかりが「ビフィズス菌 BY株」をイメージした楽曲!? ヤクルト「ミルミル」新CMで披露

いきものがかりが「ビフィズス菌 BY株」をイメージした楽曲!? ヤクルト「ミルミル」新CMで披露

いきものがかりのヤクルト「ミルミル」新TVCM

 2018年11月に「放牧」明け再始動を果たしたいきものがかりの3人が、ヤクルト「ミルミル」シリーズの新しいTVCMに登場。このCMのために書き下ろした楽曲「アイデンティティ」とともに、4月12日から全国でオンエアされます。また、公式サイトとYouTube公式チャンネルでは、オリジナル限定ムービーも公開されています。

 株式会社ヤクルト本社オリジナルの乳酸菌「ビフィズス菌 BY株」を含む「ミルミル」と「ミルミルS」。新しいTVCMでは「届け!ビフィズス菌」というキャッチコピーで、こんなや挫折と戦いながらも自分らしく生きようと頑張っている人々に、この「ビフィズス菌 BY株」を届けたいというエールを込めたメッセージを送っています。

 いきものがかりの3人は、このCM企画の初期段階から参加。制作チームと話し合いを進めながら、浮かび上がったキーワード「生命力」をメインテーマに楽曲「アイデンティティ」が書き下ろされました。

 CMの舞台となっているのは、背景に東京の空と街並みが広がるビルの屋上で、吉岡聖恵さんの歌声とミルミルを象徴する白地に赤と緑のドット柄の旗が空になびくシーンが印象的です。まだ寒い中、薄着で頑張った撮影でしたが、リーダーの水野良樹さんは高所恐怖症のため、別の意味でも震えることになったとか。



 楽曲「アイデンティティ」は「生命力」というテーマのもと、日常を生きる中でみなぎるパワーを曲の中に込めつつ、単純に苦難を乗り越えるというよりは、自信を持って前に進んでいこうというイメージで作ったという水野さん。最後の「ラララ〜」という部分は、ひとつのマイクの周りにメンバーとスタッフが集まり、みんなで歌うことでパワー感を伝えたかったといいます。

 CMは15秒と30秒ですが、2分45秒のオリジナル限定ムービーがヤクルト「ミルミル」ブランドサイトと、YouTubeの「株式会社ヤクルト本社公式チャンネル」で4月12日から公開されます。また、使用されている楽曲「アイデンティティ」も、4月12日に配信限定でリリースされる予定です。

情報提供:株式会社ヤクルト本社

(咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)