ついに榛名の山岳ステージへ!舞台『弱虫ペダル』公開ゲネプロレポート

ついに榛名の山岳ステージへ!舞台『弱虫ペダル』公開ゲネプロレポート

「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜制・限・解・除(リミットブレイカー)〜」主要キャスト

 2019年5月10日から始まった「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜制・限・解・除(リミットブレイカー)〜」。東京公演の初日を翌日に控えた5月9日、公演の行われる北千住のシアター1010で公開ゲネプロが行われました。初の座長(主演)となる小野田坂道役の糠信泰州さんをはじめ、メインキャストが記者会見に応じ、公演への意気込みを語っています。

 前作「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜箱根学園王者復格(ザ・キングダム)〜」(2018年3月)から1年余り。“ペダステ”が帰ってきました。今回は小野田坂道らが2年生となって迎えたインターハイ、その2日目を描く作品となります。前回のラスト、榛名山の山岳ステージで総北の隊列(トレイン)を離れ、トップ集団を追うべくペダルを踏んだ鳴子がどうなったか、その後の様子がステージで展開することになりました。

 記者会見で坂道を演じる糠信泰州さんは、自身初の座長(主演)ということもあり「自分の経験したことのない、未知の世界を歩いてます。そこをリミットブレイクして、自分の経験として『弱虫ペダル』をさらにいい方向に持っていけるようにしていきたいと思います。今回、第13作目ということで、先輩方が築き上げてきたものを、今度は自分が繋いでいかなくちゃいけないので、小野田坂道という役を大切にして、千秋楽までやりきりたいと思います」とコメント。責任を感じつつも、チームメイトである今泉俊輔役の猪野広樹さんをはじめとしたキャスト陣とは、良いコンビネーションが築けているようです。

 また、2日目の山岳ステージで対決する3校(総北・箱学・京都伏見)のエースたちも、この舞台の重要な位置を占めます。総北の今泉役、猪野さんは「それぞれが勝たなければいけない理由、走らなきゃいけない理由が明確に分かれているので、そこに注目して見てもらえたら」と語り、箱学の新開悠人役、飯山裕太さんは「兄に対してのコンプレックスと、それをどう成長して乗り越えて行くか。それと、いろんなキャラクター、モブキャラとかで出演者が出てくるので、そこも『ペダステ』の魅力だと思うので、そこも注目して見ていただけたら」とコメントしています。

 ステージで不気味な存在感を示す京都伏見の御堂筋翔役、林野健志さんは「御堂筋としては、ずっと削って削って進化を求める、その先に2年目のゴールがどういう結果を迎えるのか、っていうことを楽しんでもらえたら。この公演だけではなく、前回、前々回と続いてきているこのレースを、タスキをつなぎながら2年目のゴールを迎えるので、いろんな思いが詰まったゴールを目の当たりにして、感じていただけたらなと」と語ってくれています。

 公開ゲネプロは報道陣や関係者だけでなく、ファンをステージすぐ近くの“インハイ特別補給部隊シート”に抽選で招待して行われました。インターハイ2日目は、榛名山を舞台にした山岳ステージです。総北では古賀がコースを試走し、注意点などをメンバーに伝えます。

 坂道は昨年ともに戦った箱学のクライマー、真波山岳と再び走り、競えることを楽しみにしていました。

 しかし、今年の山岳ステージは様相を異にしていました。ペースが上がらず、先頭集団から離される総北。そんな中、先頭の様子をうかがうと同時に、ライバルを削って足止めしようと、鳴子は総北の隊列(トレイン)を離れ、ペダルを踏んでいきました。

 先頭集団では、箱根学園と京都伏見がしのぎを削っていました。チームで挑む箱学に対し、トップ引きのチームメイトを次々と使い捨てにするように乗り換えながら進む京都伏見の御堂筋。サミット後に控えるゴールスプリントをにらみ、駆け引きが展開していきます。

 そして京都伏見に対抗するため、総北と箱学は戦術を変更。それは苦渋の決断であり、そしてまた、箱学の新開悠人にとっては新たな扉を開く“制限解除(リミットブレイク)”となるのです……。

 ほぼ全編がレースシーンで構成され、めまぐるしく変わる視点がロードレースのドラマチックな展開を高める演出は健在。とにかくスピーディーな展開で、お互いの心理描写が交錯します。あのルックスからは想像できない、御堂筋の過去も必見です。

 もちろん、それだけでないのが“ペダステ”の特徴。キャストが性別や人と機械の壁を超えて別の役を演じるという「お約束」のシーンは、緊迫する本編のストーリーをうまく緩和してくれます。

 坂道が大好きなアニメ「ラブ☆ヒメ」だって出てきます。どんなところに登場するか、開演前から注意しておいたほうがいいですよ。

 「舞台『弱虫ペダル』新インターハイ篇〜制・限・解・除(リミットブレイカー)〜」は、東京公演(シアタ1010)が2019年5月10日〜19日、そして大阪公演(波切ホール 大ホール)が5月25日〜26日の日程で行われます。また5月14日には、公演チケットを持っている方は誰でも参加可能な、出演キャストによるトークショーとハイタッチ会が開催されます。このイベントを含め、各上演スケジュールは公演公式サイトで確認してください。

(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/弱虫ペダル04製作委員会
(C) 渡辺航(週刊少年チャンピオン)/マーベラス、東宝、トムス・エンタテインメント
取材協力:マーベラス

(取材:咲村珠樹)

関連記事(外部サイト)