伝説的バラエティが「電波少年W」としてWOWOWで復活 2021年1月スタート

伝説的バラエティが「電波少年W」としてWOWOWで復活 2021年1月スタート

電波少年W 〜あなたのテレビの記憶を集めた〜い!〜

 日本テレビで放送されていた伝説的バラエティ「電波少年」が、放送局の垣根を超えWOWOWにて「電波少年W 〜あなたのテレビの記憶を集めた〜い!〜」として復活。2021年1月にスタートします。

 総合演出をつとめるのは「電波少年」のプロデューサー・土屋敏男氏。土屋氏は「昔みたいなヤンチャなことはやらないのか?それは・・・・・電波少年ですからね。 やっちゃうんじゃないでしょうか?」とコメントを発表しています。

 「電波少年」(進め!電波少年/進ぬ!電波少年)は1992年から2002年にかけ日本テレビで放送されたバラエティ番組。当時でも過激すぎる体当たりロケを多数敢行。パレスチナの当時の指導者アラファト議長にノンアポで突撃してみたり、若手お笑い芸人にヒッチハイクでユーラシア大陸を横断させてみたりと、新たなことばかりにチャレンジしていました。

 2021年にスタートする「電波少年W」でもそのチャレンジスピリットは健在なようで、「コミュニティサイトに寄せられた「もう一度見たい」テレビの記憶を掘り起こす」といったことが行われるようです。詳細は後日発表とのことです。

【土屋敏男氏からのメッセージ】
まずはこの「電波少年W」をノンスクランブルで放送する英断をしてくれたWOWOWに最大限の敬意を表します。
去年の9月。 WOWOWの方々から「うちで「電波少年」的な番組をやりませんか?」とお誘いを頂きました。 口では「いいですね〜」なんて言ったんですが胸の内は「できる訳がないなあ。 あんなに放送する局に負荷のかかる番組はないからなあ」と思っていました。
でもその後「WOWOWの次の時代の方向はコミュニティになりました」と聞いた時に僕の頭の中で色んなものが瞬時に結びついたのを感じました。
コミュニティで番組を作る!
番組がコミュニティを作るのではなくコミュニティが番組を作る!
そしてその過程こそが番組になる!
では何に向かったコミュニティなのか?
例えば莫大なデータを集めるのはどうだろう?
例えば戦後多くの日本人を笑わせ泣かせ勇気づけてきた(はずの)『テレビの記憶』はどうだろうか?日本中の人の「自分のテレビの記憶」を集めてそれを大きな記憶の小宇宙にする。 その小宇宙は日々成長し日々精緻になっていくだろう。
WOWOWならば日本中のテレビ局と等距離にあるからそれができる!
いやWOWOWにしかできない!
そしてそんな番組は今までにない!今までにない番組こそ「電波少年」である!

そんな瞬時の脳内爆発を経て「電波少年W」は生まれました。
懐かしの電波少年風に言うと「あなたのテレビの記憶を集めた〜い!」
あのテレビの番組のあのシーンをもう一度見たい!
こんなテレビのシーンの記憶があるのだが本当にあったんだろうか?
そんな記憶やうろ覚えの記憶を「電波少年W」のコミュニティに投稿してください。
たくさんの人がそれを見て「そうそう!」と思ったり「その記憶が私にもある!」と言う反応が集められます。 そのランキング上位のものを「電波少年W」は各テレビ局にお願いして探します。
すぐに分かるものもあるし中々見つからないものもあるでしょう。
でも「電波少年W」は決して諦めません。 それが電波少年スピリットだからです。
そうして各局のライブラリーから少しずつ「テレビの記憶」である映像が掘り出されます。
掘り出される過程でこの「電波少年W」はご報告としてその映像の一端をお見せすることになると思いますが、 恒久的にはその映像は各局のサイトに置かれるといいなと思っています。
そうして何年後かにネット上に「日本のテレビ全史」が構築されて、 世界中の人が日本のテレビ局が作った70年間の叡知の集積にどこからでも触れることができる。
そしてそれは国が作ったものでもお金持ちが作ったものでもWOWOWが作ったものでもなくて「みんな」が作ったもの。

そんな大きな妄想からスタートする「電波少年W」に、 皆さんに本当に心から参加していただきたいと思っています。 参加したくなるようなコミュニティを作るべく日々更新をしていきます。

え?昔みたいなヤンチャなことはやらないのか?
それは・・・・・電波少年ですからね。 やっちゃうんじゃないでしょうか?

【番組サイト】
https://www.wowow.co.jp/extra/denpa

情報提供:株式会社WOWOW

関連記事(外部サイト)