ウォーキング・デッド10追加エピソード 日本放送開始は2021年3月1日に決定

ウォーキング・デッド10追加エピソード 日本放送開始は2021年3月1日に決定

(C) 2019 AMC Network Entertainment LLC. All Rights Reserved.

 「ウォーキング・デッド(原題:The Walking Dead)」シーズン10追加エピソード6話の日本放送開始日が決定しました。海外ドラマ・エンターテイメント専門チャンネルFOXチャンネルにて、2021年3月1日(月)夜10時に放送スタート。以降、毎週月曜夜10時から放送されます。

 「ウォーキング・デッド」はウォーカーと呼ばれるゾンビがはびこるアメリカが舞台。文明が崩壊した世界の中で、人間たちが時にぶつかりあいながらもコミュニティを築き上げ、生き抜くさまを描いた物語。2010年のシリーズ開始以来、世界中で話題となり日本でも多くの熱狂的ファンを有しています。

 その最新シリーズとなる、シーズン10はもともと全16話が予定されていました。しかし最終話である16話の放送(配信)を目前に、新型コロナウイルス感染症が世界中にひろがり、各国ではロックダウンを実施。

 この影響から、制作に遅れが生じたため、16話の放送が2020年10月まで延期。あわせて追加エピソード6話の制作が決定しました。


 追加エピソードには豪華ゲストの登場が決定しています。メイズ役でロバート・パトリック(「ターミネーター2」「ペリー・メイソン」「SCORPION/スコーピオン」)、ルシール役でヒラリー・バートン・モーガン(「ワン・トゥリー・ヒル」「ホワイトカラー」)、イライジャ役でオケア・エメ・アクワリ(「グリーンランド」「コブラ会」)が出演。

 さらに、今回の追加エピソード放送開始日発表とともに、第19話のリモート読み合わせの様子が特別公開されています。ユージーン役のジョシュ・マクダーミット、ゲイブリエル役のセス・ギリアム、アーロン役のロス・マーカンドにメイズ役のロバート・パトリックが参加している貴重映像です。

 その他、「ウォーキング・デッド」シリーズは、リック・グリムス(アンドリュー・リンカーン)のキャラクターに焦点を当てた長編映画を製作中。ダリル・ディクソン(ノーマン・リーダス)とキャロル・ペルティエ(メリッサ・マクブライド)に焦点を当てた新しいスピンオフ作品や、新たなアンソロジー・シリーズ「Tales of The Walking Dead」も予定されています。

※掲載画像は第16話の場面カットです。

(C) 2019 AMC Network Entertainment LLC. All Rights Reserved.
情報提供:ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社

関連記事(外部サイト)