ヘイリー・ボールドウィンの従姉妹「ヘイリーとジャスティンはいずれ結ばれると思っていた」

ヘイリー・ボールドウィンの従姉妹「ヘイリーとジャスティンはいずれ結ばれると思っていた」

ヘイリー・ボールドウィンの従姉妹「ヘイリーとジャスティンはいずれ結ばれると思っていた」の画像


俳優アレック・ボールドウィンを父に、女優キム・ベイシンガーを母に持つ美人モデルのアイルランド・ボールドウィン(22)。このほどラスベガスで開催された『iHeartRadio Music Festival 2018』で『Entertainment Tonight』のインタビューに応じ、従姉妹ヘイリー&ジャスティンの結婚について語った。

ヘイリー&ジャスティンについて「入籍は済ませたのか?」「いや、まだのようだ」「ウェディングはいつ、どこで?」とメディアの報道は日々過熱する一方だが、アイルランドは日々パパラッチに追われている従姉妹ヘイリーを少々気の毒に思っているようだ。

「2人の現状については、私は何も知らされていないわ。ブライズメイド(花嫁介添人)の依頼もきていないし」と述べ、ウェディングセレモニーについては何も聞かされていないと発言したアイルランド。詳細を決して明かそうとせず、固く口を閉ざしていた。

「役所に結婚許可証をもらいに行ったとか、婚前契約に向けて話し合い中とか、いろいろ報道されているけれど、実際のところはどうなっているの?」とインタビュアーに尋ねられると、「2人は世界中行く先々でキスをして、愛し合って、人生を謳歌している―そういうことよ。メディアは細かいことに固執しすぎね。2人をそっとしてあげるべきだわ」とはぐらかす場面も見られた。

しかしアイルランドは「ウェディングセレモニーはこぢんまりしたものになると思うわ。自分の家族とジャスティンの家族と…ヘイリーは、そういうこぢんまりしたのが好きなタイプなの」と身内ならではのコメントも。

24歳のジャスティンと21歳のヘイリーの結婚には「早すぎるのでは?」「そんなに急がなくても」といった意見も見られるが、アイルランドはそうは思っていない様子だ。若いながらも試行錯誤を繰り返し、2人が絆を強めていく様子をそばで見守ってきていただけに、「いずれはこうなると思っていた」「よかったわ! 2人がやっと結ばれることになって」と安堵した表情を見せていた。

またアイルランドはヘイリー&ジャスティンは「互いがベストな自分でいられて、幸せにし合える関係を保っている」と2人の関係に太鼓判を押すとともに「ジャスティンはヘイリーを本当に幸せにしてくれる人」と絶賛した。

はたしてヘイリーのウェディングドレス姿はいったいいつ、どこで見られることになるのか…2人の結婚をめぐる報道はまだまだ続きそうである。

画像は『Ireland Basinger-Baldwin 2018年9月22日付Instagram「Styled by @josephcassell1 for the #iheartradiomusicfestival this evening」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト