岩田剛典、CMで歌初披露も三代目JSBメンバー大爆笑!「がんちゃん、歌うの!?」

岩田剛典、CMで歌初披露も三代目JSBメンバー大爆笑!「がんちゃん、歌うの!?」

岩田剛典、CMで歌初披露も三代目JSBメンバー大爆笑!「がんちゃん、歌うの!?」の画像



【この記事の動画を見る】

25日、都内で開催された《「ブレンディ(R)」スティック 朝オーレ!》新CM発表会にCMと同じ衣装で登場した岩田剛典。「歌は人生初披露」というCMソングの収録では「何十回かやり直しました。“朝オーレ”のフレーズを、強め、優しく、ささやく…などいろいろなパターンを録りましたね」と初体験を振り返り、「『もう少し強く』とかレコーディングのときに(指示を)いただいたりするんですけど、なかなかそれがうまく表現できなくて。こういう繊細な作業をボーカルはやっているんだなと知れたのは良かった。改めて『歌って大変なんだな』と身をもって知りました」とボーカルの立場になったことで新たな発見があったようだ。

仲の良さでも知られる三代目JSBだが、岩田は「この間ご飯食べに行ったときに『実はCM撮影で歌った』って話したら、今市君と登坂君が大爆笑でしたね。『歌うの? がんちゃん、ウケる!』って」とボーカリスト2人の反応を面白そうに語った。完成したCMをメンバーが見たら「みんな笑ってくれると思います。僕が歌っているというだけでメンバーからしたら面白いと思うんで」と予想していた。

さらに三代目JSBのカラオケ事情について、「グループでご飯行くときにそのままカラオケに流れて、基本的にボーカルにマイクを渡す時間はめちゃくちゃ短くて。ずっとパフォーマーで(マイクを)回して歌っています」と明かした岩田は「自分で曲を入れたりしないんですけど、だいたいボーカルが『この曲聴きたい』って入れますね」と選曲は他人任せのようだ。DEEPの『君じゃない誰かなんて〜Tejina〜』を「よく歌わされます」と笑った。

インタビュアーから「もし今回反響があって三代目JSBの楽曲でボーカルをというオファーがあったら…」と聞かれた岩田は「ないないないない」と上を向いて大笑い。「ないですね」と即否定して念押し。さらに「ライブでちょこっと歌うのは?」と食い下がられると、「いや、ないでしょう。ちょっと今は考えられない」とキッパリ否定した。「CMの中では歌ってましたが『今、歌って』と言われたら、恥ずかしくて歌えない?」と聞かれると「そうですね。本当に勘弁してください」と笑いながら懇願した。「ダンスとは使う筋肉が違う」とも驚いていた岩田。何万人という観客の前で堂々とダンスパフォーマンスする岩田も、歌となると照れ臭くて仕方ないようだ。

(TechinsightJapan編集部 関原りあん)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト