体外受精で2児を授かった46歳シングルマザー、末期がんで余命僅かと宣告受ける(英)

体外受精で2児を授かった46歳シングルマザー、末期がんで余命僅かと宣告受ける(英)

体外受精で2児を授かった46歳シングルマザー、末期がんで余命僅かと宣告受ける(英)の画像


英リンカンシャー州リンカーンに暮らすサマンサ・マッコンネルさん(46歳)は、長年交際していたパートナーとの破局後に1人で不妊治療を行う決意をし、総額12,000ポンド(約177万円)をかけて2人の子供を授かった。

自身の卵子とオランダ人ドナーの精子を使い妊娠したサマンサさんは、40歳の時にグレースちゃん(5歳)を出産、残りの胚を凍結しておき3年後にロリー君(2歳)を産んだ。奇跡的に2人の子供に恵まれ、母として幸せの絶頂期にいたサマンサさんだったが、今年8月初めに体調に異変を感じた。

サマンサさんは、これまで大きな病気をしたことなどなく健康的だった。ところが胸郭が痛み尿の色が濃く、皮膚に痒みが出るようになって医師の診察を受けた。最初は胆石が疑われたが、CT検査の結果で末期の膵臓がんであることが判明した。体調の異変に気付いてからわずか4週間後のがん発覚であり、進行が早く化学療法や手術も不可能であることが分かった。その後がんはあっという間に肝臓とリンパ節に転移し、サマンサさんは診断からまもなくして余命わずか8週間〜6週間と宣告された。

幼い2人の子の母として、自分がいなくなれば子供たちはどうなってしまうのかという不安はあまりにも大きすぎた。当然、経済的な心配もある。かつてRAF(英国空軍)のメンバーとして働いていたサマンサさんは1990年代に入隊したために古い年金制度しか通用されず、死亡後に2人の子供たちへ自分の年金が渡らないことがわかりショックを受けた。そこで友人らが子供たちの将来のためにとクラウドファンディングサイト『JustGiving』で寄付を募ったところ、現在目標額を大きく上回る寄付金が集まっている。余命僅かであるとはいえ、サマンサさんは笑顔を絶やすことなく、このように心境を吐露している。

「人生は時に残酷です。私の唯一の望みは母になって子供たちの成長する姿を見守り続けていくことでした。もしかしたら5%の奇跡が起こって、寿命が延びる可能性もあるかもしれません。私はその5%を諦めたくないし、最期まで闘い続けます。今は前向きになれるよう、面白い映画を見て笑ったり、髪をピンクに染めたりして、いろんなことを楽しんでいます。人生は生きるために与えられたのだから、思い残すことのないようにしたいことをするつもりです。」

5歳のグレースちゃんは、母親がもうすぐこの世からいなくなってしまうことを僅かながら理解しているようで「ママはもうすぐ天使か蝶の妖精になる」と口にすることがあるという。しかしロリー君は、母の死など到底理解できない年齢だ。だからこそサマンサさんは2人の子供たちと過ごす時間を大切にし、楽しく笑い、たくさんハグをしている。「いずれはホスピスへ移ることになるでしょうが、動ける限りは子供たちと自宅にいたい。子供たちには、私と過ごした楽しい思い出だけをずっと覚えていてほしい」とサマンサさんは明かす。自身の亡き後は、サマンサさんのいとことその夫がグレースちゃんとロリー君を引き取って育てていく予定になっているそうだ。

サマンサさんの友人やRAFの同僚らは「彼女はとても強くて、明るくエネルギッシュ。まるで“ワンダーウーマン”のよう」と語っており、サマンサさんに最期の時が訪れるまでしっかりとサポートしていく姿勢を見せている。このニュースを知った人からは「なんて残酷な運命なの。残された子供たちが幸せになることを祈ってるわ」「あまりにも辛い状況で、読んで涙が出た。どうかサマンサさんに奇跡が起きますように…」といった声があがっている。

画像は『real fix 2018年9月21日付「Single Mum Who Spent £12K On IVF To Have Miracle ‘Twins’ Has Just Weeks To Live – After Being Diagnosed With Terminal Cancer」(SWNS/REALFIX)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト