大谷翔平、ジャスティン・ビーバーのヒット曲『デスパシート』を熱唱 米メディアも絶賛

大谷翔平、ジャスティン・ビーバーのヒット曲『デスパシート』を熱唱 米メディアも絶賛

大谷翔平、ジャスティン・ビーバーのヒット曲『デスパシート』を熱唱 米メディアも絶賛の画像


エンゼルスで大活躍する大谷翔平が、遠征に向かうバスの中で昨年大ヒットした『デスパシート』の日本語版を熱唱した。チームメイトがその時の動画をアップしているが、チームメイトらが「この年彼がやったことで、一番さ!」と盛り上げていた。

MLBの公式サイトでは「ショーヘイ・オオタニができないことは何だろう? この日本の二刀流の選手は打てるし、投げられる。月曜日、我々は彼が歌えることも知った」と紹介。さらに、米芸能情報サイト『TMZ』も「ショーヘイ・オオタニは投げられて、打てて、それから歌も歌える!!! 日本のベーブ・ルースが、彼にできないことはないことを証明してくれた」と絶賛している。

オリジナルはルイス・フォンシとダディー・ヤンキーのスペイン語の曲で、ジャスティン・ビーバーとのリミックスはアメリカのビルボード100で16週連続1位を獲得し、マライア・キャリーとボーイズIIメンの『One Sweet Day』(1995年)に並んで、歴代タイとなる記録を出していた。

チームから愛され、アメリカのメディアで歌も称賛された大谷翔平。ジャスティンやルイス、ダディが大谷の歌声をどう思うのか気になるところだ。

Ohtani is a triple threat:
Hitting ?
Pitching ?
Singing ?

(via @williamsjerez25 IG story) pic.twitter.com/DTzfPjhxYV

— MLB (@MLB) 2018年9月24日

画像は『Los Angeles Angels 2018年8月22日付Instagram「on more dingers.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト