アヴリル・ラヴィーン、新曲『Head Above Water』MV公開で監督に感謝「アイデアを聞いてくれてありがとう」

アヴリル・ラヴィーン、新曲『Head Above Water』MV公開で監督に感謝「アイデアを聞いてくれてありがとう」

アヴリル・ラヴィーン、新曲『Head Above Water』MV公開で監督に感謝「アイデアを聞いてくれてありがとう」の画像



【この記事の動画を見る】

2014年にマダニに刺されることで感染するライム病と診断され、治療に専念してきたアヴリル・ラヴィーン。今月19日に5年ぶりとなる新曲『Head Above Water』をリリースし、アヴリルは「神様、私の頭を水の上にあげ続けてください。底で息ができなくなります。助けに来てください、待っています。眠るにはまだ若すぎます」と歌っている。

そして現地時間27日に、ミュージックビデオを公開。美しい白のドレスを纏うアヴリルが海辺を歩いたり、水の中でもがいたりしている映像で、アヴリル本人はインスタグラムにミュージックビデオを公開した喜びをこのように綴った。

「#Head Above Waterのミュージックビデオを今日、私の誕生日に公開することができて、私の心はいっぱいよ。この曲を書き始めた最初の日から、ミュージックビデオをどんな風にしようかインスピレーションを受けていたし、ビジュアルを集めていたし、イメージしてきたの。(監督の)エリオット・レスター、貴方のことを本当に尊敬しているわ。貴方はものすごく才能があるの。私に寄り添って仕事をしてくれて、アイデアを聞いてくれてありがとう。私のビジョンを完全に映し出してくれただけでなく、このビデオを新たなレベルにまでしてくれたの。アイスランドにまで行ってね。貴方は私のヒーローよ。このビデオを撮るためにあなたと一緒に過ごした全ての瞬間が大好き。」

さらに、一緒に作曲したトラヴィス・クラーク、プロデューサーのステファン・マッキオ、レコーディングを手伝った元夫チャド・クルーガーやクリス・ベースフォードに感謝を述べた。

ファンはアヴリルの久しぶりのミュージックビデオに「彼女は戻った! これまで以上に良くなって。この大人なバージョンのアヴリル・ラヴィーンが大好き」「鳥肌たった! まるで違う。彼女が以前歌っていたような典型的なロックソングじゃない」と絶賛のコメントをYouTubeに残している。

画像は『Avril Lavigne 2018年9月27日公開 YouTube「Avril Lavigne – Head Above Water(Official Video)」』のサムネイル
(TechinsightJapan編集部 朝倉リリー)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト