ビニール袋に入れられて遺棄された新生児 母親は10代生徒か(フィリピン)

ビニール袋に入れられて遺棄された新生児 母親は10代生徒か(フィリピン)

ビニール袋に入れられて遺棄された新生児 母親は10代生徒か(フィリピン)の画像


9月24日の朝、フィリピン中部セブ州にあるラプ=ラプ市で、木製フェンスに吊るされたリュックの中に赤ちゃんが捨てられているのをゴミ収集していた職員が発見した。職員はちょうどゴミをトラックに回収していたところだったが、リュックの中からかすかな泣き声がすることに気付き、中を見ると赤ちゃんが入っていたという。

リュックの中にはビニール袋に包まれていた赤ちゃんだけでなく、地元の公立学校のものとされる女子の制服のブラウスと血まみれの半ズボンも入っていた。よって母親はその学校の12歳〜16歳の生徒ではないかとみられている。事態を知り駆け寄った通行人らは動画に収めるなどしていたが、最終的には救急車を呼び、赤ちゃんはラプ=ラプ地区病院へと搬送された。発見直後、赤ちゃんはほとんど意識がない状態だったが、人々が見守る中、やがてゆっくりと目を開け手を口に持っていく仕草をしたりもしていたようだ。

目撃者のひとりであるリーン・リーさんは「最初は生きているのか死んでいるのかわからず、どうしていいかわからなかった。でも誰かが救急車を呼んだほうがいいと口にし、救急車を呼んだ。もう少しでゴミ収集車の中に捨てられてしまうところだったから、見つかってラッキーだったと思う。きっと学生が生み捨てたのだろう。助けが必要だったかもしれないから、母親のことも気の毒に感じる」と話している。

地元協議会はこの件を調査中であり、すでに警察にも通報済みということだ。この赤ちゃんは男の子だったが、治療を受けている病院の看護師エミリー・ンさんはこのように語った。

「搬送時の男児は弱っていましたが、今は元気にしています。笑みも見られるようになりました。まだ名前は決まっていません。こんなふうに人生をスタートしなければならない羽目になったことを、当然赤ちゃんは理解できるはずもありませんが、将来はきっと良い両親のもとへ引き取られて幸せになってくれると思います。きっと神様がこの子を見守ってくれるでしょう。」

なおこのニュースは多くの人が知るところとなり、既に男児を引き取りたいという問い合わせも病院にあるそうだ。母親にどのような事情があっての妊娠・出産に至ったかは不明であるが、すんでのところで救われた男児に、この先多くの幸せが訪れることを願わずにはいられない。

画像は『The Sun 2018年9月26日付「ABANDONED BY HIS MUM Heart-wrenching moment newborn baby boy is rescued after being found hanging from a fence in a plastic bag」(IMAGE: VIRAL PRESS)』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト