7階建て屋上から投げ落とされた4歳児が死亡 精神疾患の20歳兄が逮捕(米)

アメリカで7階建て屋上から投げ落とされた4歳児が死亡 精神疾患の20歳兄が逮捕

記事まとめ

  • ニューヨークの7階建てマンション屋上から20歳の兄が4歳の弟を中庭に投げ落とした
  • 弟はその場で死亡、兄は停まっていたパトカーに自ら近付き「弟を殺した」と告げた
  • 兄は統合失調症を患っており、7月以降は治療薬を飲んでいなかったという

7階建て屋上から投げ落とされた4歳児が死亡 精神疾患の20歳兄が逮捕(米)

7階建て屋上から投げ落とされた4歳児が死亡 精神疾患の20歳兄が逮捕(米)

7階建て屋上から投げ落とされた4歳児が死亡 精神疾患の20歳兄が逮捕(米)の画像


9月22日のこと、ニューヨークのブルックリンにある7階建てのマンションで、ショーン・スミス(20歳)が弟シムロン君(4歳)をマンション屋上から中庭に投げ落とした。シムロン君はその場で死亡、その後ショーンは停まっていたパトカーに自ら近付き、落ち着いた様子で「弟を殺した」と告げた。

『New York Post』によるとショーンは午前2時45分頃、パトカー内の警官らに「弟を屋上まで連れて行きそこから投げ落とした」と自供した後、シムロン君が息絶えた中庭に彼らを導いた。午前3時半に応援に駆けつけた警察官が現場へ到着し、同日の午後にショーンは殺人罪で逮捕された。

過去に前科もなく、暴力沙汰を起こしたこともなかったというショーンだが統合失調症を患っており、今年4月には自身が、今回シムロン君を投げ落とした同じ場所に上っていたことから「もしや自殺をするのでは」として複数の目撃者らによって911に通報されていた。また、精神科治療のためにキングス郡病院へ通っていたようだが、7月以降は治療薬を飲んでおらず、最近も家族に「頭の中の声が『悪いことをしろ』と告げてくる」と口にしていたという。

一家は南米のガイアナ共和国から昨年12月に、ブルックリンのこのマンション6階に移住してきた。近隣住民や友人は、ショーンによって末っ子が死亡したことを知った6人の子を持つ母親オデッサ・フリスさんは「ただただ泣き叫んでいた」と話している。彼らによると、シムロン君は周りから愛される子供であったのに対し、ショーンはあまり人と話したがる様子を見せなかったそうだ。しかし、まさか一家の中でこのような悲劇が起こってしまうとは想像もできず、一様にショックを隠せない。現在も警察が引き続き捜査を行っている。

画像は『New York Post 2018年9月29日付「4-year-old dead after brother shoves him from building: cops」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 エリス鈴子)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト