メーガン妃の異母姉、英TV番組に出演「妹に会うためバッキンガム宮殿に行ったけれど…」<動画あり>

メーガン妃の異母姉、英TV番組に出演「妹に会うためバッキンガム宮殿に行ったけれど…」<動画あり>

メーガン妃の異母姉、英TV番組に出演「妹に会うためバッキンガム宮殿に行ったけれど…」<動画あり>の画像


先月より、自身の広報担当者のTwitterを通じて英国入りの意図を明かしていたメーガン妃の異母姉サマンサ・マークル。父トーマスさんの健康状態を話し合う目的で妃と一対一での極秘対面を試みていたサマンサだが、それが実現できなかったことを受け、英メディアで発言する機会を設けられたようだ。

現地時間10月1日、サマンサ・マークルは英TV番組『Jeremy Vine』に出演、「バッキンガム宮殿まで行ったけれど、メーガンに会うことはできなかった」と明かした。

ヘンリー王子と恋仲になった異母妹に便乗し、「グラント」から「マークル」へと自身の姓を変更、姉妹関係を赤裸々に綴った暴露本執筆の意図を明かすなど、度々メディアへ登場しては妃や英王室に向けた悪質な言動を重ねてきたサマンサ。そんな彼女がバッキンガム宮殿を訪れたところで、“サセックス公爵夫人”となった妃が、サマンサとの対面を承諾するはずがないことなど分かりそうなものである。

そこで同番組に出演し、自身の胸のうちを明かすことを決めたサマンサ。家族が疎遠になってしまっている現状について「番組を見ているかもしれないメーガン妃へメッセージを」と促されると、以下のようにコメントした。

「今となっては、もうどうにも変えることができない。そして収拾がつかない状況だけど、それは決して私の意図するところではなかった。」
「私達家族は、結婚式に呼んでもらえなかったことで傷ついたわ。私達をはじめから家族として認めてくれていたら、こんな状況にはならなかったと思うし、私達の心の傷がどんどん深まることもなかった気がする。」
「でもね、信じられないかもしれないけれど、あなたへの愛は変わらない。」
「(今後前に進んでいくために)あなたには謝罪をするわ。現状がこんな風ではなく、もっと違った状況だったらよかったけれどね。」

これまでの悪質な嫌がらせ行為の数々について具体的に謝罪したわけではなく、依然として結婚式に呼んでもらえなかったことを引き合いに出すサマンサには、嫌悪感をあらわにする視聴者が続出。Twitter上にはこのような言葉が見られた。

「この女は英王室入りした異母妹を利用しようとしているだけ。」
「結局自分以外はだれも愛せない哀れな女。」
「メーガン妃はアンタと会う気なんて毛頭なし。謝罪なんて興味もないはず。とっとと英国から出て行って。」

なかにはサマンサに出演時間を与えた『Channel 5』を非難する声も。ちなみにサマンサの今回のTV出演に関しては、英国までの渡航費は支払われているものの、番組出演料は発生していないそうだ。

数々のスキャンダルの後、健康上の理由で実父が5月の挙式を欠席。それ以来、メーガン妃は実母ドリアさん以外の家族とは疎遠になってしまっている。ただし英王室ではエリザベス女王に大変気に入られ、絶大な信頼を寄せられているというから、それだけが救いである。

愛するヘンリー王子とともに新境地で新たな人生を歩みだした異母妹、今後はその幸せを遠くからそっと見守ってあげることが、姉としてできる最大の償いになるのではないだろうか。

Samantha Markle apologises to her half sister Meghan.@JeremyVineOn5 | @TheJeremyVine | #JeremyVine pic.twitter.com/pOl5Uv4bE0

— Channel 5 (@channel5_tv) 2018年10月1日

画像は『Channel 5 2018年10月1日付Twitter「Samantha Markle apologises to her half sister Meghan.」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 c.emma)

海外セレブ・芸能のオンリーワンニュースならテックインサイト