光浦靖子、番組で手芸作品をいじられて不満爆発「バカにした笑いでした」

光浦靖子、番組で手芸作品をいじられて不満爆発「バカにした笑いでした」

光浦靖子、番組で手芸作品をいじられて不満爆発「バカにした笑いでした」の画像

お笑いコンビ・オアシズの光浦靖子は手芸が好きで、モリ夫(モリマン)など5人からなるサークル「ブッス!手芸部」の部長を務めており、趣味が高じて手作りキットを発売したり本を出すほどだ。普段は穏やかなイメージの光浦だが、ある番組で手芸作品を紹介したところ「もし買うならばいくら出せる?」と値踏みされて周囲の反応に憤慨したという。Twitterで経緯を明かしたところ、フォロワーから「悲しくなりますね」、「涙が出てしまいました」などと共感を呼んでいる。


5月12日に『ブッス!手芸部』Twitterで「BSの番組で、作った物を、500円なら買ってやってもいい、と笑われました」と切り出した光浦靖子。その後のツイートで「ごめんなさい。『買ってやってもいい』とは言われてないです」と訂正してはいるものの、光浦自身は手芸作品を紹介する番組と認識しておりバラエティという感覚ではなかったためスタジオの雰囲気に違和感を覚えたのだろう。

光浦の一連のツイートによると、進行役から「こちら、一般の人にいくらまでなら出せる? と聞いて最高金額500円でしたー!」といじられスタッフは大爆笑だったという。光浦にしてみれば手芸経験がない人は材料費だけで値踏みするから「500円」になるのだろうなと思う一方で、少しでも手芸をしたことがある人ならばそうはならないはずだと考えると悲しくなったようだ。「バカにした笑いでした。そんな趣旨の番組とは聞かされず、何日もかけて作品を作らされ…」と訴えていた。

フォロワーからは「作ったことがない方の意見なのでしょうね。価値は人それぞれですが、悲しくなりますね」、「なんか悔しいです」、「経緯を読んで涙が出てしまいました なんて品の無い番組だろう わたしは光浦さんの作品が大好き」と反響があり、なかには「真面目な話、時給に換算しても500円どころか、材料費や道具類などのコストを含めて…も悲しすぎます。ハンドメイドを甘くみてはいけません!! 手芸屋より」という声も見受けられた。

そんな光浦靖子は手芸本『私が作って私がときめく自家発電ブローチ集』を5月29日に発売するためツイートで告知したところ、オアシズの大久保佳代子が「ブローチのクオリティがスゴい!」と絶賛していた。光浦はインスタグラムでフェルトブローチや羊毛フェルトの手芸作品を紹介しており、具志堅用高や黒柳徹子、川端康成などタレントから著名人まで特徴を捉えたフェルトブローチが注目を集めている。松本清張の似顔絵ブローチは松本清張記念館(福岡県北九州市)に展示されて話題になった。

またキャンドル作家・Em Zed Eychとして活動するお笑いタレント・本田みずほとは、1993年に放送された深夜バラエティ番組『とぶくすり』(フジテレビ系)でおだいばZ会としてレギュラーを務めた間柄だ。今年2月に渋谷PARCOで本田みずほが開催した「みずほ百貨店」に、光浦靖子が羊毛フェルトで作ったリアルなタコを展示してコラボした。そのように手芸作家として意欲的に活動しているだけに、このたび番組で受けた扱いにはなおさら胸を痛めたのではないか。

光浦靖子のツイートには「そういう演出の番組に悲しかったって呟いてくれて嬉しいです。光浦さんが頑張ってきたお仕事は凄いと思いますが。全部『お笑い』にしないといけない、貶されて『おいしい』と思わなきゃいけないのしんどいなって、ずっと思っていたので。何だか開放された気持ちがしました」、「悲しいです 詳しくは分かりませんが、まだそんな番組の作り方してるのかって思っちゃいました。生意気にすみません」、「ハンドメイドの良さとあたたか味知らずのスタッフ達に駅の階段でつまずいて膝打つ呪いかける夜です」といった声が寄せられている。

不満をぶちまけた光浦は、そうしたフォロワーのコメントを読んで「皆さんあったかい言葉ありがとうございます」、「色んな方々がそのスタッフが毎日犬のウンコ踏みますように、とか…呪いをかけてくれてて…笑いました。元気になりました」と返信していた。

画像2〜4枚目は『本田みずほ / Em Zed Eych 2021年1月28日付Twitter「とぶくすり以来の共演」』『光浦靖子 2021年5月7日付Instagram「5月29日いよいよ発売!!」、2020年11月25日付Instagram「松本清張先生ブローチ!」』のスクリーンショット
(TechinsightJapan編集部 真紀和泉)

関連記事(外部サイト)